2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 鉄道コレクション 富山ライトレール第2弾 | トップページ | 北条鉄道の社長公募が締め切られる »

2009年11月28日 (土)

現代自動車 乗用車部門は日本から撤退

読売新聞の報道によると、韓国・現代自動車の乗用車部門が日本から撤退することが決まったそうです。
今年の初め、大型バス『ユニバース』の発売を開始し、それなりに台数が出てきているので、てっきり日本では事業が順調に進んでいるものとばかり思っていましたが、実態はそうでもなかったようです。

よく考えてみれば、都内で走っている現代自動車製の乗用車『グレンジャー』を見かけますが、かなりの高い確率で個人タクシーばかり…。
個人タクシー以外でも見かけるのはタクシーばかりだったりするわけで。

時事通信社の報道によれば、今年に入ってからの大型バス『ユニバース』の売れ行きは22台だったそうで、最初に輸入したときの20台はすべて売れて、そのあとも徐々にではあるけれど売り上げが立っているようです。

果たして、大型バスに絞った戦略がこれからどうなっていくか気になるところです。
実質的に日本の大型バスメーカーは2社になってしまったわけだし、その中で第3の選択肢として現代自動車が入り込めるのかどうなのか…。

« 鉄道コレクション 富山ライトレール第2弾 | トップページ | 北条鉄道の社長公募が締め切られる »

コメント

乗用車に関しては、正直難しかったのかな・・・
と思うことが正直なところですね。
日本での輸入車の扱いって、特別なステイタスとか、日本車に無い味を求めているところが大きいですから。
ですが商用車は違います。
一番は故障しない、コストパフォーマンスが優れているというところですからね。
その点現代自動車は、日本車に遜色のないレベルまでクオリティを上げてきてますし、サポート体制の充実具合によっては、販売も伸びるのではないかと思います。

グレンジャーのLPiは電子制御のLPG燃料噴射システムを搭載しており、パワーはガソリン車と遜色ないレベルで注目されていたんですけどね・・・
やっぱ、サポートの差なのかな?
でも、故障が無くて部品・整備コストが低ければタクシーとしては最高の素材なんですけどね。

グレンジャーを使用している個タクですが、こだわり方が半端じゃないです。一度乗ってみたい(^^)
http://jazztaxi.cocolog-nifty.com/jazztaxi/g/index.html

>第4セクターさん
確かに現代自動車というブランドバリューは欧米のメーカーと比べるとちょっと弱いような気がします。

最近、大型トラックではベンツアクトロスとかボルボを使っている会社もありますが、整備網が国産メーカーと比べて弱いところを除くと、値段的にももろもろの面でも国産車とさほど大差ないと聞きます。
それだけでなく、『アクトロスに乗りたい』『ボルボに乗りたい』という理由で採用試験を受けるドライバーなんていうのもいるんだとか…。
更に、ベンツ=高いというイメージがあることで、荷物を頼む先もちょっと驚くとか…。

>あかうまさん
実は、一度グレンジャーの個人タクシーに乗ったことがあります。
たまたま流しているのを拾ったのだけど、見慣れないエンブレムに気づき、ドライバーに話を聞けばヒュンダイだといわれて驚いた覚えがあります。
普通に営業してる範囲では、国産車とさほど変わらないと言う話もしていました。
個人的には、タクシーだけでも存続して欲しいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/46880650

この記事へのトラックバック一覧です: 現代自動車 乗用車部門は日本から撤退:

« 鉄道コレクション 富山ライトレール第2弾 | トップページ | 北条鉄道の社長公募が締め切られる »