2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年12月10日 | トップページ | 2009年12月12日 »

2009年12月11日 (金)

C61 20 復活決定!

JR東日本のプレスリリースによると、前から噂のあったC6120の復活が決まったそうです。
最初に噂が出たのは、陸羽東線の試運転のときに起こったD51498のボイラ空焚き事故の後だったように記憶しています。

当時は、C6120のボイラーをD51498のボイラーに乗せ換えるという噂まで出ていたような気もします。
それがもう1両蒸気機関車を復元するというのが驚きといえば驚きだし、JR東日本だからこそできるのかもしれません。

C61はD51のボイラーを使って、下回りをC57とほぼ同じものにした機関車ですから、部品の保守等を考えると意外と効率のいい選択なのかもしれません。
蒸気機関車のボイラーは特殊な部分があることもあり、国内で同形の機関車が動いていないと、ボイラー検査が相当面倒なことになると聞いたことがあり、そんな中で新たに機関車にバリエーションが増えることは非常に良いことだと思います。

これにあわせて、旧型客車を7両整備するとあるけれど、今ある客車を整備するのか、それともどこかに保存している客車を復元するのか非常に気になるところです。

そして、どのような整備がされるのかが非常に気になるところだったりします。

« 2009年12月10日 | トップページ | 2009年12月12日 »