2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年12月20日 | トップページ | 2009年12月22日 »

2009年12月21日 (月)

読んでよかったと思う本の紹介

ブログネタ: あなたが今年、読んで良かったと思う本は?参加数

ちょうどこのブログで取り上げたい本があったときに、ブログネタとして乗りやすいものがあったので、紹介します。

自分が仕事をしていく中で、関わっている管理職のマネジメントにどうにも問題を感じていて、自分自身もマネジメントを勉強しなきゃいけないと思っていたときに、たまたま見つけた本です。

タイトル:もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
著者:岩崎夏海
発行所:ダイヤモンド社
ISBN:978-4-478-01203-1

マネジメントの大家といわれる、P.F.ドラッカー。
世界で一番読まれているマネジメントの本を、高校の野球部の女子マネージャー、川島みなみが読み始めるところから話は始まります。
女子高生が『マネジメント』を読んでいるあたりが軽い違和感を感じるところではあるのだけど、うまくそれを野球部に当てはめて、最終的に甲子園に出てしまうと言うかなりものすごい作品です。
表紙からして、川の堤防を歩くセーラー服姿の女子高校生という、ライトノベルならばごくごくごくごく普通の表紙なのだけど、その表紙にドラッカーの『マネジメント』とかかれるとその違和感がなんとも言えずおかしかったりします。
さらに表紙をめくると、ジャージ姿の女子高生がドラッカーの『マネジメント』を読んでいる絵が出ていて、その先の内容に一抹の不安を感じてしまうところもありますが、中はいたって真面目な本だったりします。

本屋さんによっては、ドラッカーの『マネジメント』(エッセンシャル版)と並べておいてあるところもあり(確かにドラッカーの関連書になるんだけど)、どう見てもこの本だけ浮いているように見えるのです。
主人公の名前からして、あだち充の『タッチ』を意識してしまうのは、30代の悲しい性か(笑)。
ターゲットは本当に30代のこれから管理職になりつつある人なのかもしれません。

しかも、表紙の帯には『ドラッカー学会代表 推薦』なんていう言葉まで出ているし、発行所を見れば『マネジメント』の日本語版を出している週刊ダイヤモンドの発行元のダイヤモンド社だし、中身はしっかりしたものなのだろうと思い、ついそのまま買ってしまいました。
じっくりと読んでいる途中だけど、今まで『ドラッカー入門』とかは読んでみたけれど、なかなか理解できなかった部分もあったけれど、この本だったら意外と理解できちゃうかも…。

深夜アニメ化されたらしっかり見ちゃうかも(笑)。

« 2009年12月20日 | トップページ | 2009年12月22日 »