2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 西日本車体工業 解散へ | トップページ | 鉄道ジャーナルの… »

2010年1月23日 (土)

シーアンドレール構想の実証実験

秋田さきがけの報道によると、秋田港と鉄道を活用して海上コンテナの鉄道輸送を行う実証実験が行われるそうです。

鉄道で海上コンテナを秋田臨海鉄道の秋田北港駅まで運び、そこからトレーラーで岸壁へ運んだ上で、コンテナをロシアへ運ぶ計画のようです。

元々秋田北港駅は精錬所の専用駅だったはずで、鉱石とか硫酸の輸送に使われていた記憶があります。
最近は硫酸輸送もなくなってきていて、コンテナ船が到着する岸壁がそこそこ近くにあるというので、こういう構想が出てきたのだと思います。
これからどうなっていくか見守っていきたいですね。

« 西日本車体工業 解散へ | トップページ | 鉄道ジャーナルの… »

コメント

秋田北港駅からコンテナ船が発着する岸壁までレールを敷設すれば良いと思います、計画では北港~岸壁間をトレーラー輸送されるようですが・・・そうなると船が出航するまでに輸送出来るかは「?」だし、二酸化炭素削減の観点からも良くないと思われます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/47365051

この記事へのトラックバック一覧です: シーアンドレール構想の実証実験:

« 西日本車体工業 解散へ | トップページ | 鉄道ジャーナルの… »