2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年3月11日 | トップページ | 2010年3月13日 »

2010年3月12日 (金)

いろいろな列車の最終日…

今夜のニュースは、ダイヤ改正前夜ということもあり、ラストランを迎えた列車がいくつもある。
その中でも注目度が高いのは、急行『能登』と、寝台特急『北陸』ですね。
『能登』は学生時代に北陸に旅行に行くときに乗った思い出もあったり…。
当時の下りは、高崎線の最終列車も兼ねていて、酔っ払って乗った人の中には数々の悲劇があったんだとか…。

トラブルなく目的地まで走ってほしいものです。
昨年の『富士・はやぶさ』のときは、前を走る列車が人身事故を起こして大幅に遅れたり、悪質ないたずらがあったりといろいろあったように記憶しています。

このほかにも大糸線のキハ52とか、内房線・外房線の新聞輸送も終わったそうです。
ダイヤ改正ごとにこういうことは繰り返しているけれど、何かひとつの歴史が終わったような気がしますねぇ…。

新聞(特に産経)が、マナー論みたいなもので偏見じみた記事を書いているのが個人的には引っかかるけれど、偏見じみた記事でも検閲を通って記事にしてしまう新聞社自体がなんか変なんじゃないのかな?と思える部分があります。
数年前の鷲宮神社の報道以降、産経新聞を信じていないから別にいいんだけど…。
新聞社として今のままで大丈夫なのか?といわれているんじゃないかなぁ…。
東京で夕刊がなくなったのは産経が一番最初だったし、いろいろと画期的なこと(≒弱体化)をしているだけに。

« 2010年3月11日 | トップページ | 2010年3月13日 »