2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 鉄道コレクション 秩父鉄道リバイバルカラー | トップページ | 『らき☆すた』の特別住民票を取りにいく »

2010年3月 2日 (火)

マルエーフェリー 東京~沖縄航路 運航再開へ

マルエーフェリーのプレスリリースによると、東京から沖縄に向かっている途中で転覆してしまったフェリー『ありあけ』の代わりの船が確保でき、今月11日の東京発より運航を再開することが決まったそうです。

代わりに確保できた船は、一昨年破産した有村産業が運航していた、『クルーズフェリー飛龍21』だそうで、破産後はしばらく広島県内に係留されていた船だそうです。
有村産業が運行していた時代は、名古屋~大阪~那覇~宮古~石垣~台湾という航路を就航していたそうで、フェリー愛好家の中には名古屋~大阪間だけ乗ったという人もいたとか…。

国内のフェリーについて唯一無二の本ともいえる『日本のカーフェリー』(海人社発行)によれば、船としては転覆してしまった『ありあけ』よりも一回り大きい船になるようです。

一時期は航路の存続自体が危ぶまれていたけれど、別の船が確保できたことで最悪の展開は回避できたようです。
マルエーフェリーの公式サイトの写真と、インターネット上にある有村産業時代の写真とを見比べると船体の塗装のみをマルエーフェリーのものに変えたような印象を受けます。
元々有村産業とマルエーフェリーの創業者が親戚らしく、ファンネルマークが変わらないからそういう印象を受けているだけなのかもしれません。

« 鉄道コレクション 秩父鉄道リバイバルカラー | トップページ | 『らき☆すた』の特別住民票を取りにいく »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/47708025

この記事へのトラックバック一覧です: マルエーフェリー 東京~沖縄航路 運航再開へ:

» 貨物船「ありあけ」の座礁事故 [うきゃらぴのマル鉄メモ(アメブロ分室)]
今の仕事に移る前の、以前所属していた職場でかかわりのあった船舶についてのニュースを聞きましたので、少し書いてみたいと思います。●沖縄在住男性ら全員救助 フェリー「ありあけ」事故 (沖縄タイムス 2009年11月13日)http://www.okinawatimes.co.jp/news/2009-11-13-... [続きを読む]

» 【復活】 東京~南九州~奄美~沖縄航路に「ありあけ」の代替船投入 [うきゃらぴのマル鉄メモ(アメブロ分室)]
去年の11月に書いた記事「貨物船「ありあけ」の座礁事故 」のフォロー。 (↑このタイトルには実は間違いがあって、正確には「ありあけ」は貨客船兼自動車航送船ですね。) こちらのブログ でマルエーフェリー(旧・大島運輸)の東京~南九州~奄美~沖縄航路についての新... [続きを読む]

« 鉄道コレクション 秩父鉄道リバイバルカラー | トップページ | 『らき☆すた』の特別住民票を取りにいく »