2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年4月24日 | トップページ | 2010年4月26日 »

2010年4月25日 (日)

ダガシヤ・ダイチャン

だいぶ前に行った松戸の『ダガシヤ・ダイチャン』を取り上げてみる。
どうやら、他にも商売をやっている方らしく、土曜日の午後しか営業していないお店。

まずは外観から。
Img_0122
大通りに面したビルの1階に駅のような雰囲気と、ホンモノの鉄道車両が鎮座しています。

Img_0124
車両だけをクローズアップしてみる。
日立電鉄のモハ1003号の車体の一部分が使われています。
来歴をたどれば、小田急線の開業時に投入された車両のようです。
Img_0126
バス通り側にはこのような看板が立っていてなかなか良い雰囲気。
Img_0130
琺瑯看板のお約束、オロナミンC。
正面を向いていることと、瓶の蓋がスクリューキャップなので3代目のタイプかな?

Img_0132
お店の中には、オロナインH軟膏の琺瑯看板。
この広告に浪花千栄子さんが起用されたのは、本名が南口キクノ(なんこう・きくの)だと大塚製薬の社長が聞いて、即決で決めてしまったとか…。
隣にはポスターだけど、琺瑯看板のお約束、松山容子さんのボンカレーがあります。
Img_0137
これも琺瑯看板ではお約束、ハイアースとアース渦巻き。
由美かおるさんは昔からセクシーで、今も変わらないなぁ…。
フィギュア化されたときに、入浴シーンが再現できるようになっていたとか…。

Img_0138

一番最後に驚いたのがこれ。
今の若い人は、『鉄道管理局』も『物資部』も知らないだろうなぁ…。

他にもいろいろあるけれど、あとは現地に行って確認してください。
場所は、小金原団地の『バス案内所』のすぐそばです。

« 2010年4月24日 | トップページ | 2010年4月26日 »