2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« カラフルなデジタル一眼レフ | トップページ | α-modelの111系 »

2010年4月30日 (金)

神戸市交通局の営業係数について

前にこのブログで、京都市営バス・名古屋市営バスの営業係数について取り上げたけれど、いろいろ調べると他にも神戸市交通局でも営業係数を公表していました。

市バス路線別経営状況というサイトに、各路線ごとの営業係数が出ています。
神戸に土地勘があまりないので、路線図と並べながら見てみると、黒字路線にいろいろと共通点が見えてきて面白い。
神戸の場合、住宅地が山に登っていくところが多いせいか、営業係数が100を切っている路線には、南北方向に走る路線が多いのが特徴と言えば特徴ですね。

あとは、鉄道の短絡路線になっているようなところが黒字になっているようにも思えます。
運行本数も出ているけれど、こうみると効率よくバスを運行しているから黒字とも取れる路線がいくつもあります。
本数が少なくて黒字になっている路線も、増発したら赤字に転落する可能性のある路線なんていうのもいくつかありそうな気がします。

« カラフルなデジタル一眼レフ | トップページ | α-modelの111系 »

コメント

神戸は東西へは鉄道の便も良いんですが、南北向きになると途端に不便になるので、西神付近の地下鉄の駅とJRの駅間の路線の収支がよくなってるようです。

しかし、山を越えて北側で走っている路線が軒並み赤字なのが辛いですね。

山を越えて北区へ来る路線で黒字なのは64系統だけと言うのがなんとも・・・(;・∀・)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神戸市交通局の営業係数について:

« カラフルなデジタル一眼レフ | トップページ | α-modelの111系 »