2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 『けいおん!』の聖地巡礼 京都市内編 その2 | トップページ | ちょっと刺激が強すぎたんじゃないの? »

2010年6月14日 (月)

はやぶさ 帰還

昨日からニュースで話題になっている、惑星探査機『はやぶさ』の帰還。

今までいろいろな苦難があり、途中でエンジンが故障したとか、燃料が漏れたとか、一度完全に電源が落ちたらしいとか、通信が途絶えたりしたとか…。

さまざまな応援サイトが出来ただけでなく、擬人化キャラクターが出来たりといろいろと注目されているのは間違いないでしょう。

今月下旬には、アオシマ文化教材社から『はやぶさ』のプラモデルも出るようですし…。
それどころか、秋ごろには擬人化キャラクターの『はやぶさたん』まで出るみたいです。
ここまで来てしまうのが驚きだけど、アオシマだったらやってくれるという気がしないでもないんだけど。

本当はこんな世紀の瞬間を生放送で見たかったけれど、テレビではどこでもやっておらず、JAXAのサイトも重かったので、今日の帰りに丸の内オアゾのJAXA-iに行ってきた。

普段は人があまりいないのだけど(だから事業仕分けでマークされたのか?)、今日は珍しく人も多く、テレビカメラマンが取材に来ていました。
カメラには『共同テレビジョン』と書かれていたので、恐らくニュースJapanの収録だろうなぁ…。
個人的には、あまり事業仕分けって意味がないように思える部分もあったし(あえて議論はしないが)、基礎的な研究についてはある程度の資金を投入していくべきじゃないのかなと思っている部分があります。

今回の偉業の結果が事業仕分けをひっくり返すことになればいいけれど。
こういうところで1番にならなきゃダメだと思う。
2番手じゃダメなんです!と強く言いたい。

« 『けいおん!』の聖地巡礼 京都市内編 その2 | トップページ | ちょっと刺激が強すぎたんじゃないの? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/48631417

この記事へのトラックバック一覧です: はやぶさ 帰還:

« 『けいおん!』の聖地巡礼 京都市内編 その2 | トップページ | ちょっと刺激が強すぎたんじゃないの? »