2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 千葉銀行の新しいCM | トップページ | 週刊東洋経済の交通関連の特集 »

2010年7月 6日 (火)

バス停にしか掲示がない路線バス

千葉駅のバス停の路線表記に新たなものが加わっていることに気付いた。

8番乗り場に『直行 東京情報大学』なる系統の表記が出ている。
京成バスのホームページの時刻表には載っていない。
バス停には表記がある。
東京情報大学のホームページを見るとちゃんと載っている。
これは果たして現行の系統の急行便という扱いなのか、はたまた別の系統なのか、それとも東京情報大学の貸切に近い系統なのかが謎。

バス停には『東京情報大学直通バスです。途中の停留所には停車いたしません』という注意書きもあるし、『運賃のお支払いには、現金、パスモ、スイカ、キャンパスライフが使用できます』とあるのだけど、この『キャンパスライフ』とは何者なのだろうか?
恐らくは、大学内で使える電子マネーではないかと思えるのだけど…。

きちんと時刻表があって、現金で乗れるということは普通の路線バスと考えられるわけで…。
これが学生専用のスクールバスの扱いになれば、現金で乗れないはずですし。
東京や横浜から東金まで走っている城西国際大学のスクールバスは現金では乗れませんから…。

一応『一般の方もご利用できます』っていうスタンスなのかなぁ…。
京都の『プリンセスラインバス』みたいに…。

« 千葉銀行の新しいCM | トップページ | 週刊東洋経済の交通関連の特集 »

コメント

京成バスの年間通学定期券「キャンバスライフ」のことではないでしょうか?
http://www.keiseibus.co.jp/pc/rosen/campaign/canbuslife.html

これであれば、一般路線扱いとみていいでしょうね。

> y3chome さん
御指摘ありがとうございます。
たぶん『キャンバスライフ』と間違えているのかもしれません。

半ば通学用の路線バスとなるから、あえてホームページの時刻表から外しているのかもしれません。
都営バスの『学03急行』みたいに…。

バス愛好家の間では、乗りつぶしの対象にするか判断に迷う部分があるかもしれません。

以前知多バスにあった「常滑駅→企業庁」もそんな感じじゃなかったかと。
中部国際空港と対岸の埋め立て地の工事をやっていた頃走ってました。
現場事務所までの通勤用で、8時台に2本だったかな。

類似例といっていいのかな、類似でも一寸違うかも知れませんが、名鉄バスの場合です。

名鉄バスでは通常の自社路線の他に、イオンショッピングセンター等、特定箇所への路線バスを運行しています。
これらの中には公式HPの路線図にも掲載されず、また時刻の検索ができない路線があります。そういった路線は、名鉄バスの乗車券などは使えないこととなっています。(バスカードなどが不可、例:鳴海駅~イオン大高SC)

一般乗合の路線定期運行ですので、乗り潰しの対象とすべきかどうかは、各自で決めるところでしょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バス停にしか掲示がない路線バス:

« 千葉銀行の新しいCM | トップページ | 週刊東洋経済の交通関連の特集 »