2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 暑い……… | トップページ | バンキシャで聖地巡礼ネタ »

2010年7月24日 (土)

銚子電鉄の新車に乗りに行ってきた

今日から、銚子電鉄の新車2001-2501・2002-2502号車の運行が始まるというので、乗りに行ってきた。
まずは今日走っていた車両から。

S_001
1001号。途中から今日デビューの2002-2502と車両交換してしまいました。

S_002
801号、近々引退することが決まっている車両です。

S_003
外川11:20発から運用に入った2002-2502号。
イオン銚子ショッピングセンターの広告が入っています。
外川側の車両は、伊予鉄道時代に京王重機整備の出張工事で先頭化改造されたものです。

S_004
銚子側の前面はこんな感じ。
こちら側がオリジナルの前面を保っています。

それでは車内の様子を見てみましょう。
S_005
座席などはたぶん伊予鉄道時代から変わっていないと思われます。
奥の運賃箱は小田原機器製だったような気がする。

S_006
小田原機器製の液晶運賃表示機。
他の車両は紙に書いた三角表でしたから、一気に進化していてちょっと驚いた。

S_007
側面の行き先表示を設定するダイヤル。
イベント用の行き先が用意されているようです。

S_008
音声合成案内装置。
こちらも小田原機器製のものになっています。
こういう機械は、クラリオンとか、レゾナントシステムズ(旧ネプチューン)なんかが強いのだけれど、小田原機器の音声合成装置というのは初めてお目にかかりました。

小田原機器というと、どうしても運賃収受関係の機械を作っている会社というイメージが強くて…。
前からいろいろ話題になっていた冷房の扱いですが、どうやら送風機能だけ使っているような雰囲気でした。
都心とかに比べると、銚子はちょっと涼しいので送風だけでも何とかなるような気もします。

S_009
今回のイベントにあわせて、デキ3の構内運転がありました。
こちらもそこそこ人がいる感じで、なかなか楽しめました。

S_010
近々引退する701号。

S_011
銚子寄りにはこんなヘッドマークがついていました。

S_012
今回導入された2001-2501号は、京王帝都電鉄時代を髣髴とさせる緑色の塗装でデビューします。
今回のイベントにあわせてか、京王時代の正面サボが掲げられていました。

S_013
しばらくすると、多摩動物公園行きに変わっていました。

S_014
行き先表示に設定された『高幡不動』の行き先。

S_015
そして、『新宿』の行き先。
アップで撮ったら、昔の写真をデジタル化したなんて言い張れるかも(笑)。

せっかくなので、仲ノ町駅の裏にある、ヤマサしょうゆの工場の機関車を撮りに行く。
S_016
前面から撮ったもの。
ここの場合、ガラス張りの立派な展示室に展示されているのだけれど、写真を撮るのにはちょっときついので、入り口のドアを開けて、外から撮ってみました。

S_017
反対側から撮ったもの。
こちらも入り口のドアを開けて外から撮っています。
もうちょっと上向きで撮らなきゃダメでしたねぇ…。

いろいろ写真を撮ったり、温泉に行ったりした後、特急『しおさい』で帰宅。
駅の中のコンビニでちょっと買い物をしてきたのだけど…。
S_018
この組み合わせには驚くかもしれません。
最近NEWDAYSが北海道フェアをやっていて、本来ならば北海道限定(のはず)の『ソフトカツゲン』が置かれていたので、ついつい…。

« 暑い……… | トップページ | バンキシャで聖地巡礼ネタ »

コメント

こんばんは。昨日はお疲れさまでした。
「手作りのイベント」とはいうものの、かなり濃い内容でしたね。
これからの銚子電鉄にも期待です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/48965510

この記事へのトラックバック一覧です: 銚子電鉄の新車に乗りに行ってきた:

« 暑い……… | トップページ | バンキシャで聖地巡礼ネタ »