2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 週刊東洋経済 バス大異変 | トップページ | 日式 台湾時刻表 »

2010年7月15日 (木)

聖地巡礼の最終兵器?

友人のブログを見ていたら、ガーミンのポータブルナビを買ったという記事が書かれていた。
値段も手ごろで、しかもボーナスが入った直後で懐がちょっと豊かなこともあり、帰りがけに秋葉原に行ってみたところ、物欲を押さえきれずにポータブルナビ(ガーミンnuvi1360)を衝動買いしてしまいました。

値段的にも2万円ちょっとと思ったより高くなく、画像もなかなかきれい。
前から山歩き用のポータブルナビなんかを出しているメーカーで、そっちの用途は10万近い値段がついていたので、なかなか手が伸びなかったものだったのだけど…。

試しに通勤途上の電車の中で使ってみると、地図が道路地図なだけあって、必死に道路を走ろうとする様子が画面で見て取れる。
本来はカーナビ用だし、道路地図しか入っていないから、地図上の線路はあくまで模様なんだろうなぁ…。

いろいろ調べると、地図データを入れ替えることができるようで、入れられるデータの中には国土地理院の数値データなんていうのもあるらしい。
地図に関してはどこのメーカーのものも国土地理院の地図がベースになってるはずだから…。

さらに活用手段としては、アニメの聖地巡礼スポットを前もって登録しておいて、現地で地図帳代わりに使うことも考えています。
nuvi1360には、元々画像ファイルを見ることができる機能もついているので、現地の写真とか前もってキャプチャしておいた画像を転送して、場所の特定に使うなんてのもいいかもしれない。

あとは、GPSの軌跡を取って、東海道新幹線の区間でN700系がどうやってスピードアップを実現しているのかを調べるなんてのも面白そうな気がする。

2万円ちょっとで全国の地図が買えたと思えば安いものと思ったほうがいいのかもしれない。

« 週刊東洋経済 バス大異変 | トップページ | 日式 台湾時刻表 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/48886196

この記事へのトラックバック一覧です: 聖地巡礼の最終兵器?:

« 週刊東洋経済 バス大異変 | トップページ | 日式 台湾時刻表 »