2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« オリンパスの企業CM | トップページ | ボウリング場で… »

2010年8月 1日 (日)

AN Railの仙台空港鉄道の模型

先日の鉄道模型ショウの物販コーナーで、タイトルの通りの商品を買ってきた。

発売元は、小山の赤い電車というところ。
仙台空港鉄道の車両なんて、模型化される可能性はそんなに高くないと個人的には思っていたし、ネット上には、鉄道コレクションの動力ユニットを使うと動力化できるなんていう話が出ていたことも手が伸びた理由だったりする。

実際に箱を開けてみると、中には窓のパーツが袋に入ったものと、鉄道コレクションの動力ユニットに使えそうな台車のパーツが袋に入ったものがあるのだけど、説明書らしきものは一切なし…。

ネット上の記述によれば、窓のパーツは各自で車体に穴を開けてつけるものだと書かれていて、台車のパーツは鉄道コレクションの動力に納まるようだ。

試しに、動力化したことで不要になった鉄道コレクションの床板を入れてみると、ほぼぴったり収まるのが確認できたので、近いうちに動力化してみようかと思う。

« オリンパスの企業CM | トップページ | ボウリング場で… »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AN Railの仙台空港鉄道の模型:

« オリンパスの企業CM | トップページ | ボウリング場で… »