2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« JAMコンベンションと大鉄道博に行ってきた | トップページ | 九州新幹線の開業日がほぼ決まる »

2010年8月23日 (月)

はじめての秋田弁

asahi.comに、『秋田弁女子漫画に』と言う記事が載っていた。

なんでも、秋田駅前にあるジュンク堂書店でベストセラーになっているとか…。

いろいろ調べると、あきた4コマち!というブログを本にしたものだそうで…。

秋田の郷土系出版社として知られる無明舎出版が出している本です。
この無明舎出版というと、郷土史とかが多く、コミックに近い本を出すのは初めてではなかったかと…。

私自身、毎年のように両親の出身地である秋田に行っているので、どちらかと言うと出身者に近い目線でこの本を読んでしまいます。

漫画は秋田弁丸出しで描いてあるのだけど、それがほぼ全て読んで理解できてしまうだけでなく、キャラクターがリアルに秋田弁でしゃべっているような感覚に陥ることも…。

地元民じゃないと分かりにくい、ショッピングビルの旧名称の話とか、秋田銘菓『金萬』のCMの話とか、道端で売ってる『ババヘラアイス』のこととかいろいろ出ています。

参考までに『金萬』のCM。


なぜラテンなのか、28個食べなきゃいけないのかは突っ込まないように(笑)。

もし、この作品がアニメ化されることになったら、声優さんは全員秋田県出身の人にして欲しいなぁ…。
そうするときっと自然な雰囲気になるだろうし…。

« JAMコンベンションと大鉄道博に行ってきた | トップページ | 九州新幹線の開業日がほぼ決まる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/49223197

この記事へのトラックバック一覧です: はじめての秋田弁:

« JAMコンベンションと大鉄道博に行ってきた | トップページ | 九州新幹線の開業日がほぼ決まる »