2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« トレインモデリングマニュアル7 | トップページ | 高速道路を爆走する… »

2010年8月26日 (木)

両備バスの未来型バス『ソラビ』

両備バスのホームページを見ていたら、未来型バス『ソラビ』と言うのが出ていた。

バスの写真を見る限りでは、三菱ふそうのエアロスターエコハイブリッドにソーラーパネルを積んだものと言うのがすぐに分かったけれど…。

このソーラーパネルが何に使われているかが両備バスのホームページに書かれていない…。
一瞬、ソーラーカーかと思ったけれど、今のソーラーカーの技術は大型バスを動かすところまで行っていないはずだし…。

調べて出てきたのが日経のプレスリリース
このプレスリリースによれば、ソーラーパネルで発電した電気で車内の照明を点灯させたり、空気清浄機を動かしているのだとか…。

ここまで個性的なバスを出せるのは、地元の名門企業であるところと、グループ内に三菱ふそうのディーラーを抱えているからなのかもしれません。

機会があれば乗りに行きたいと思っています。

« トレインモデリングマニュアル7 | トップページ | 高速道路を爆走する… »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 両備バスの未来型バス『ソラビ』:

» [Opinion]身近なエコとその未来−白屋根バスとソーラーバス [【検証:】管理者彷徨録&ときたまなぐりがき]
国際興業から興味深いリリースが。 国際興業−バス車両の屋根を白色化して二酸化炭素の排出量を抑制 同社路線車は従前屋根上の塗装が黄緑色だったところ、直射日光を反射させ車内温度上昇を抑制し冷房効率改善・CO2排出量抑制を狙い、今年度導入の新車68台から一部を白色化したというもの。 今年8月の実証実験では、車庫周辺気温40度において車内温度が在来車では49度となったところ白屋根車だと47度と2度の抑制効果を確認。さらにこの状態から冷房を入れた際、外気温-5度の35度になる時間では在来車が30... [続きを読む]

« トレインモデリングマニュアル7 | トップページ | 高速道路を爆走する… »