2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年9月12日 | トップページ | 2010年9月14日 »

2010年9月13日 (月)

竹原市が舞台のアニメ

中国新聞に、広島県竹原市が舞台となったアニメの制作が着々と進んでいると言う記事が載っていた。
タイトルは『たまゆら』というそうです。
検索してみると、公式サイトがあって、深夜アニメで人気のあった『ARIA』のスタッフが結集して作っている作品なのだとか。
ヒロインには、『けいおん!』で一気に知名度を上げた竹達彩菜さんが演じているそうです。
期間を限ってアニメワンで無料配信されていて、それを見てみるとなかなか面白い。

竹原市は瀬戸内海に面した街で、古い町並みが残り重要伝統的建造物群保存地区があるような町です。
そんな風景が、アニメの中でリアルに描かれているような気がして、数年前の萌えアニメの怪作といわれた『かみちゅ!』(こちらのモデルは尾道市)の再来を感じさせます。

声だけ聞いていると、どことなく『けいおん!!』の雰囲気を感じてしまい、主人公がどこの部活に入るのか迷っているシーンで『軽音楽部』と言いそうな気がしてしまったのは自分だけかも(笑)。

ただ、アニメで放送されるのはAT-Xだけだそうで、CS放送を契約していない人はネット配信で見るしか方法がないようです。
今後どんな展開になって行くのか気になるところです。

中国新聞にちゃんと記事になったことを考えると、地元のフィルムコミッションの全面協力を得ているように思えます。
尾道フィルムコミッションが協力した『かみちゅ!』も同じように中国新聞の記事になったはずですから…。

尾道がモデルとなった『かみちゅ!』では、フィルムコミッションの代表が経営している喫茶店でスクリーンショットを見せて、「この場所どこですか?」と聞いたツワモノもいたのだとか…。
現地では放送されていないのに、スタッフが「『かみちゅ!』ですね!」と即答だったとか。
ひょっとしたら竹原にも聖地巡礼者が現れるかもしれません。
『たまゆら』を見ていたら、一度行ってみたくなってしまった自分がいるわけで…。

« 2010年9月12日 | トップページ | 2010年9月14日 »