2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 日本鉄道保存協会 平成22年度総会 1日目 | トップページ | 日本鉄道保存協会 平成22年総会 3日目 »

2010年10月 8日 (金)

日本鉄道保存協会 平成22年度総会 2日目

昨日に引き続いて日本鉄道保存協会の2日目。
今日は、遠軽町内の観光と陸別町の『りくべつ鉄道』の見学。

まずは、『マウレ・メモリアル・ミュージアム』の見学。
Rpsj201
中はこんな感じです。
廃校になった小学校の校舎を利用し、障がいを持った人たちの絵の展示や化石の展示などが行われています。
町営バスが1日3本だったのは、地区の子供達が学校に通うためのように思える部分が…。
Rpsj202
中でも化石の展示が興味深く、結構変わったものが見受けられました。
これももしかすると、異常巻きのアンモナイトのひとつかもしれません。
どうやら、日本海側の小平町で採取されたもののようです。

Rpsj203
恐竜の卵の化石。
中には孵りかけの恐竜の子供が入っているものです。

そのあといこいの森の向かいの『丸瀬布昆虫生態館』へ。
Rpsj204
ミツバチの巣箱のスケルトン展示。
普通ならば完全防備しなければ見ることのできない巣箱の様子がよく見えるようになっています。

Rpsj205
ここでは、沖縄のチョウが年中飛んでいます。
専用の温室があり、この中で完全養殖を実現しているそうです。

このあと、コスモス公園に移動したものの、シーズンがずれてしまっていた。
コスモス公園から遠軽駅裏に保存されているD51を見に行く予定だったのが、ちょうど臨時貨物列車の時間と重なるというので、遠軽駅のすぐそばで急遽撮影会となった。
Rpsj206
最初に情報として入っていた時間よりも発車時間が繰り上がっていて、あわてて撮影をしたのがこの写真。
後ろに積まれているコンテナは通風コンテナが多かったので、恐らく農産物を取りに行くのだろうなぁ…。
Rpsj207
そして遠軽駅裏に保存されているD51。

Rpsj208
遠軽駅に行ったところ、臨時列車が来るというので入場券を買ってホームから撮影。

Rpsj209
生田原の『ちゃちゃワールド』で影絵や木のおもちゃを見学したあと、陸別町のバスに乗り換えて、陸別へ向かう。

Rpsj210
陸別町の『りくべつ鉄道』に行くとこのような歓迎の札が用意されていました。

Rpsj211 Rpsj212
動いていたのは、CR75-2と、CR75-101の2両。
機会に恵まれ、CR75-2をちょっとだけ運転してきました。
機会があれば、また運転したいと思う。

このあと、陸別タウンホール(町役場の中にある)に移動してこちらでも発表会と懇親会。
懇親会が終わったあとは、会場近くのコンビニ(セイコーマート)に買出しに行ってまた二次会。

そして夜は更けていくのであった…。

« 日本鉄道保存協会 平成22年度総会 1日目 | トップページ | 日本鉄道保存協会 平成22年総会 3日目 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/49705637

この記事へのトラックバック一覧です: 日本鉄道保存協会 平成22年度総会 2日目:

« 日本鉄道保存協会 平成22年度総会 1日目 | トップページ | 日本鉄道保存協会 平成22年総会 3日目 »