2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ノンアルコールビールで麦芽100% | トップページ | 週刊東洋経済 カメラ新世紀 »

2010年11月29日 (月)

神戸電鉄粟生線 2011年度中に存廃の判断

神戸新聞の報道によると、神戸電鉄が粟生線(鈴蘭台~粟生)について、2011年度中に存続か廃止かを判断する方針を明らかにしたようです。

抜本的な利用促進策が出てこない限り、廃止は不可避の情勢のようです。

新聞の記事によればここ20年近くの間に利用客が半分程度に減ってきたというのがあるようです。

どうやら事業仕分けの中で、「鉄道は(バスと違い)最終の交通手段にならない」なんていう判断も出ているようだけど、それってどうなのかなぁ…。
国鉄時代に廃止された北海道のローカル線の中には、路線バスすら廃止になってしまった場所だってあるというのに…。

情勢を慎重に見守っていく必要がありそうです。

« ノンアルコールビールで麦芽100% | トップページ | 週刊東洋経済 カメラ新世紀 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/50167100

この記事へのトラックバック一覧です: 神戸電鉄粟生線 2011年度中に存廃の判断:

« ノンアルコールビールで麦芽100% | トップページ | 週刊東洋経済 カメラ新世紀 »