2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年11月20日 | トップページ | 2010年11月22日 »

2010年11月21日 (日)

バスコレクション 16弾

バスコレクション16弾が出てきたので買ってきた。
今回選ばれたのは、全国的にもメジャーな富士重工の7E型と、関西以西などでよく見かけた西日本車体工業の42MC型(通称カマボコボディ)となっている。
42MC型のほうは、京成自動車工業がライセンス生産していたこともあり、京成グループの古いバスの写真を探すと実際に画像が引っ掛かってくるものも多い。

日本全国あちこちでメジャーに見られた富士重工の7E型ではあるけれど、車種の選択がなかなか変わっている。
日産ディーゼル製のシャーシに富士重工の車体というのは、日産ディーゼルの純正として指定されたものであちこちにいるのだけど、バラで何個か買ってきた中にあった南越後観光バスはよく見ると日野自動車製のシャーシに富士重工の車体を載せたものがモデルとして選ばれている。
実車について調べてみると、多摩バス(西東京バスの分離子会社だった)の中古だそうで、ここのところバスコレクションでは京王系のバス会社はモデルとして選ばれることが多かっただけに、何かありそうな気がするのだけど、おそらくは担当者の趣味か、バス会社の中に理解のある担当者がいるというのが真相なのだろうけれど…。
富士重工の7E型で、日野自動車製のシャーシを使っていた会社はあまり多くなく、どちらかというとマイナーな部類だと思ってはいたのだけど…。
三菱ふそうのシャーシに富士重工7E型となると、導入事例はもっと少なくなってきてかなりレアな車種になってきたりするのだけど…。
自分の行動範囲には、いすゞ自動車製のシャーシに富士重工の車体を載せたものが多かっただけに、それが製品化されないことにちょっとした違和感があったり…。

買ってきて中を見てみるとシークレットが出てきました。
ほかのサイトを見ればわかるけれど、シークレットは京浜急行のワンロマ車でした。
確か前にも京急のワンロマ色はシークレットだったことがあったような…。

« 2010年11月20日 | トップページ | 2010年11月22日 »