2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« どうなる東京国際アニメフェア | トップページ | 『もしドラ』今度は実写映画に »

2010年12月12日 (日)

いすみ鉄道のキハ52撮影会に行ってきた

今日は、いすみ鉄道に入ったキハ52の撮影会があったので行ってきた。

千葉から快速で上総一ノ宮経由で行っても間に合うのだけど、蘇我で特急が来たのでつい乗ってしまった。
大原に着くと、一日乗車券を買うためにちょっと列ができていたけれど、そんなに大して混んでいないと思えたのだが…。

K_001

大原から大多喜まで乗った車両は2両編成で、程々に混んでいる感じでした。
1両だったらかなりきつかったかも…。

大多喜駅についてさらに驚いたのは、ものすごい人だかり…。
列の後ろに付いて撮影場所に移動するまで1時間半近くかかってしまったのにはちょっと驚いた。

K_002

そしてキハ52の前へ。
キハ52の近くで案内しているのが社長さんで、今回の熱意には頭が下がるところ。

K_003

イベント用に用意されたサボ(その1)。


K_004

イベント用に用意されたサボ(その2)。
行き先がまちまちなところを考えると、個人的なコレクションを持ってきてくれた人がいたような気がします。


K_005

そんな中から『室蘭』のサボ。

K_006

そして、現役時代に走っていたと思われる神岡線のサボ。


K_007

撮影会の会場の裏手の公道上からもちょっとだけではあるけれど撮影できました。
行き先には『富山』の表示が出ていました。

K_008

町の中を歩いていたら、『房総中央鉄道館』というレンタルレイアウトを兼ねた施設を発見したので、中を見てみる。
学習塾を経営している人が副業でやっているらしく、本棚には学習参考書が並んでいたり…。

K_009

古い和式の便器がいくつもあったり、なかなか面白い施設でした。

時間がなかったので行けなかったけれど、千葉県内で初の公立図書館といわれる『天賞文庫』(銀座で有名な模型屋の『天賞堂』の創始者が寄付をしたものだとか)なんかにも行きたかったなぁ…。

また、キハ52が運行を開始した時には乗りに行くつもりだし、キハ52のサポーターにもなったので、これから行く回数を増やすかも…。

« どうなる東京国際アニメフェア | トップページ | 『もしドラ』今度は実写映画に »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/50283876

この記事へのトラックバック一覧です: いすみ鉄道のキハ52撮影会に行ってきた:

« どうなる東京国際アニメフェア | トップページ | 『もしドラ』今度は実写映画に »