2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 鹿児島に連節バス | トップページ | 東京新聞の社説 »

2011年1月16日 (日)

『肉屋』というラーメン屋

元々麺類好きな自分が、たまたま本で見かけたラーメン屋に行ってみた。
普段であれば、知り合いとかに教えてもらったラーメン屋とか、店の雰囲気とかで決めているのだけど、本に載っている店に行くなんてことはあまりないのだけど…。

その中で、『ラーメン屋じゃなくて肉屋です!』というキャッチコピーのラーメン屋を見つけてしまったら行くしかないと思ってしまったわけで…。
場所は水道橋駅の東口のガード下。
外観の写真は撮っていないけれど、『肉』の文字がものすごく目立つ店。
この店の大きな特徴は、『肉増しますか?』というくらい、チャーシューのトッピングが無料ということ。
サービスで、シングル・ダブルが選べるようになっていて、肉好きとなればやはりダブル。
麺類はラーメンとチャーシューメンしかないのだけど、ラーメンでも肉増しができるようだった。

そうなると素朴な疑問が一つ沸いてくる。
ラーメンの肉増しとチャーシューメンの違いってなんなんだろう…。

第一印象はいい感じだったので、何度か行ってみてそれから通うかどうか決めてみようかと…。
ラーメンは同じ店で最低でも3回食べてみないとダメかなと個人的に思っている部分があったり…。

« 鹿児島に連節バス | トップページ | 東京新聞の社説 »

コメント

何と肉増しができるラーメン屋さんとは...
凄く興味があります><

機会を作って自分も行ってみたいものです。

喜多方でチャーシュー3枚がどんぶりをほとんど覆っているラーメンを食べたときには、もうチャーシューは要らんと思ったぞ(w

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/50606040

この記事へのトラックバック一覧です: 『肉屋』というラーメン屋:

« 鹿児島に連節バス | トップページ | 東京新聞の社説 »