2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年2月5日 | トップページ | 2011年2月7日 »

2011年2月 6日 (日)

世界初の列車制御システム 仙石線に導入

読売新聞の報道によると、信号機のいらない列車制御システム『ATACS』が3月27日から仙石線で試用を開始することが決まったそうです。
とりあえず実用化されるのは、あおば通~東塩釜間だそうです。
今までこのような制御方式はいろいろと実験されていたけれど、実用化されたのはこれが世界初なのだとか。

JR東日本の資料によると、今までの列車制御の考えの基本となる閉そく区間というものが存在せず、無線によって列車の位置を確定させつつ、前の列車とどれだけ近づけるかという制御になっている様子。
いろいろと気になる部分があるので、ATACSでの運行が始まったら仙石線に乗りに行こうかと思う。
今まで線路際に信号機がないATCもあったけれど、ATCの場合は閉そく区間がちゃんと存在していて、あくまで信号機の現示内容を運転席に表示しているだけだったはずだし…。

ひょっとしたら、日本発の鉄道技術が世界標準になる可能性もあるかも…。

« 2011年2月5日 | トップページ | 2011年2月7日 »