2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年2月28日 | トップページ | 2011年3月2日 »

2011年3月 1日 (火)

またまたBPOに寄せられた視聴者の意見

昨年の『ヨスガノソラ』以来、毎月のようにチェックしているBPOの視聴者の意見。
1月の視聴者の意見が掲載されました。
最初のうちは、KARAだとか沢尻エリカの問題なんてのがあります。
確かに、沢尻エリカの問題なんて、別にどうでもいいんだから放送しなけりゃいいのにという意見に私も賛同できるけど。
あと、箱根駅伝の解説者のコメントが特定の大学に偏りすぎているというのも、恐らく瀬古利彦氏のことだろう。
これは、日本テレビの『あなたと日テレ』でも取り上げられていた内容でもあるし…。

ここからはお約束となりつつある深夜アニメについての意見。
<引用ここから>
ギャンブルを題材にしたアニメが放送されていて不愉快だ。製作にパチスロメーカーが加わっており、青少年にパチスロがアニメの延長線上にあるというような認識をされる恐れがある。
<引用ここまで>
これは、『Rio RainbowGate!』のことですね。
元々、パチスロ機のキャラクターをアニメ化したんじゃなかったかな?この作品。

<引用ここから>
深夜帯のアニメだが、近親相姦を主題にしている。性的な目的でわざと下着を見せたり、衣服の上から体に接触するなどのシーンが頻繁に放送されている。内容的には成人マンガと変わらないのではないか。年齢制限のないテレビでの放送としては不適切だと思う。
<引用ここまで>
これは一瞬『ヨスガノソラ』のことかと思ったけれど、1月分の意見となると別の作品か?
『お兄ちゃんのことなんか全然好きじゃないんだからねっ!』なのか?

<引用ここから>
深夜アニメだが、怪物が少女の首を食いちぎるシーンが放送された。脚本家は、「これから毎週やらかしていく」などと残酷描写を売り物にするようなことを公言している。深夜とはいえ、テレビで残酷描写を確信犯的に売り物にする番組を放送するのはいかがなものか。
<引用ここまで>
これは、『魔法少女まどか☆マギカ』の第3話『もう何も怖くない』のことですね。
魔法少女のマミが魔女との戦いに敗れて、首を食いちぎりられただけでなく、完全に魔女に食われてしまうというかなり過激なシーンがありました。

どれもこれも、作品をしっかり見ていないと書けないような意見ばかりなのはなぜなのでしょうか。
ネット上では、特定の作品に対して好意を持っていない人がかなり具体的にBPOに情報提供しているのではないかという意見まで上がっているようです。

さらに、視聴者意見への反論・同意にこんなものが。
<引用ここから>
アニメを子どものものと思い込んでいる親が多く、「子どもが見ると困る」という意見を送る親の無知が目立つ。子どもに見せたくないのなら、子どもと話し合い家庭内でゾーニングをすることも親の義務だ。
        「不健全だから規制しろ」とすぐ権力に頼る情けない姿勢を子どもは見ている。批判する前に、子どもになぜ駄目なのか、その根拠や正当性を提示し理解させるべきだ。
<引用ここまで>

確かに今となってはアニメは子どもだけのものではなくなっているし、子ども向けのアニメの年齢別視聴率を見たら、メインターゲットの子どもたちと絶対に被らない20~30代の独身男性に人気だったなんてこともありますし。

一体いつまでこの展開は続くんでしょうかねぇ…。
BPOとしては、寄せられた意見を事務的に処理してるだけなんだろうけど。

« 2011年2月28日 | トップページ | 2011年3月2日 »