2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 鉄道コレクション 第13弾 | トップページ | 非常に気になる深夜アニメ『花咲くいろは』 »

2011年3月28日 (月)

沖縄離島のバス事情 竹富島編

前に沖縄に行ったときに撮ってきたバスの写真を紹介するシリーズの第2弾。
今回は、石垣島にほど近く、重要伝統的建造物群地区があったり、星の砂で有名な竹富島のバス事情を紹介します。
島自体はさほど広くないけれど、島内には路線バスがあります。
路線バス自体は、竹富島交通が運行していて、島内を往復する路線が1路線走っています。
まずはその路線バスの車両から。
2280016
5号車。
路線バスとして使われている車両はトヨタハイエース。
路線バスでハイエースというのは結構珍しいかも…。

街並みは星の砂などの観光地があるので、貸切バスが存在します。
まずは竹富島交通から。
2280029
23号車。
2280034
19号車。
2280035
15号車。
登録番号と車両の製造年次が合わない(23号車よりも19号車のほうが1世代前)ことを考えると、ひょっとすると中古車を導入しているのかも…。
撮影こそできなかったものの、竹富島交通の社名の入った営業ナンバーを付けた軽トラなんて言うのもあったので、島内での貨物輸送を引き受けている会社なのかもしれません。

この島も、波照間島同様バス会社がもう一社存在します。
8280027
それが竹富島観光。
この車はリフトバスになっていて、ナンバーが8ナンバーになっているので、福祉車両として扱われているような…。
会社の形態が合同会社となっていることからすると、つい最近できた会社のようです。

島内の水牛車も運行会社が2社あったりと、島の中でも競争するような環境があるのでしょうか。
沖縄のバス事情はまだまだネタがあります。
石垣島と沖縄本島ネタがあるのだけど、沖縄本島はカオスすぎてどうまとめようか迷っていたり…。

« 鉄道コレクション 第13弾 | トップページ | 非常に気になる深夜アニメ『花咲くいろは』 »

コメント

沖縄はアメリカ占領の期間が長かったため、竹富島のように小さな島なのに石垣島からの船会社が2社あったりして、独占をさせないような仕組みになっていますね。 佐渡島に行く本土からの船が全て佐渡汽船と対照的ですね。

6年くらい前に竹富島へ行きましたが、その時はバス無かったような・・・
船で島に着いたら、水牛車乗り場への送迎バスはありましたけどね~。

島では水牛車乗ったあと、レンタルチャリで島1周しましたよ
あー、もう一回行きたい!!!

>しみずさん
本土と比べると、複数事業者のエリア分けがあまりなされていないような印象を受けました。
同じ航路に3社も就航していたり…。

>えりさん
私も、港でレンタサイクルを頼んだら、集落まで送り迎えしてくれたので路線バスには乗っていません。
聞いた話だと、夕日がすごくきれいだというので、今度は泊りがけで行きたいと思っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄離島のバス事情 竹富島編:

« 鉄道コレクション 第13弾 | トップページ | 非常に気になる深夜アニメ『花咲くいろは』 »