2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年5月23日 | トップページ | 2011年5月25日 »

2011年5月24日 (火)

『花咲くいろは』から鉄道ネタを拾ってみる

今季の深夜アニメの中でも、個人的に気に入っていて話題性のある『花咲くいろは』。
のと鉄道が制作協力しているだけでなく、どうやらスタッフにも鉄道好きの人がいるようで、よく見てみると結構マニアックなところまで書かれていたりするのにはちょっと驚いてしまう。
特急が北越急行の681系だったりするのはいいとして、金沢駅と思えるシーンで後ろにさりげなく3月に引退した419系(しかも改造前から先頭車だったもの)が出ていたりする。

最新の第8話では、のと鉄道にヒロインの緒花ちゃんが載っているシーンが出てきました。
車内のシーンで、バックにワンマン運転用のアナウンスが聞こえてきているのだけど、これが半端なく本物っぽい。
声からすると、エンドレスエコーという会社が制作する音声合成データに声を吹き込んでいる岡本洋子さんの声(東京の関東バスとか、静岡の遠州鉄道などで採用されている)に聞こえる。
もちろん、効果音として使われていることもあってキャストクレジットには出ていないのだが…。
実はのと鉄道に乗ったことがないので、本当にそうなのか確認できていなかったり…。
そういう時に助かるのが、YouTube。

調べたら、ちょうど湯乃鷺駅のモデルになった西岸駅のあたりの入っている動画がありました。
声を聞く限りでは、アニメのシーンで効果音として使われているのは、のと鉄道の車内の音のように聞こえます。
加速するときのエンジンの音も似ているような気がするし…。
制作協力ってここまでやるのかな?

アニメの中の風景などをリアルにして、観光に役立てるなんていう話は前からいろいろあるけれど、ここまで気合が入っているのは珍しいかもしれない。

« 2011年5月23日 | トップページ | 2011年5月25日 »