2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« RMライブラリ142 『銚子電気鉄道(上)』 | トップページ | 地デジ化まであと2カ月弱 »

2011年5月28日 (土)

スクラムきっぷ ~鉄路は未来へとつづく~

北総鉄道のプレスリリースに載っていた、東日本大震災で被災した鉄道を支援する『スクラムきっぷ ~鉄路は未来へとつづく~』が発売になったので、被災地支援を兼ねて買いに行ってきた。
震災で被災した、三陸鉄道(復旧までしばらくかかる模様)、阿武隈急行(5月16日全線復旧)、ひたちなか海浜鉄道(7月末全線復旧見込み・6月25日那珂湊~中根間運転再開)、鹿島臨海鉄道(新鉾田~大洋・神栖~奥野谷浜間で運休中)の乗車券と北総鉄道の乗車券がセットになったもの。
台紙の裏には、『本件の払い戻しは全券片未使用に限り北総鉄道にて取り扱い致します』とあることからすると、北総鉄道の窓口でしか販売していないのかも。
台紙に入っている切符は次のようになっています。
・三陸鉄道 宮古~一の渡(300円区間)
・阿武隈急行 丸森から310円区間
・ひたちなか海浜鉄道 阿字ヶ浦~勝田(小児運賃・290円区間)
・鹿島臨海鉄道 大洗~水戸(310円区間)
・北総鉄道 大町から190円区間

三陸鉄道の写真は間違いなく震災後(それも最近)に撮られたものが使われています。
よく見ると、鉄道むすめのキャラクター、久慈ありすと釜石まなの2キャラクターが描かれたものが写っていたりするわけで…。
震災直後のものは、キャラクターが単独のものだったはずだし…。

こういう形での復興支援をしていくのも大事なことだと思っていたりします。
 

« RMライブラリ142 『銚子電気鉄道(上)』 | トップページ | 地デジ化まであと2カ月弱 »

コメント

鉄道むすめ、商売になるんでしょうか。
ちょっと気になりますね。
(吉田)

>ひたちなか海浜鉄道吉田様
『鉄道むすめ』は万能ではないけれど、やり方次第では商売になると個人的には思っています。
三陸鉄道は大成功している事例だと思っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/51793377

この記事へのトラックバック一覧です: スクラムきっぷ ~鉄路は未来へとつづく~:

« RMライブラリ142 『銚子電気鉄道(上)』 | トップページ | 地デジ化まであと2カ月弱 »