2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 由利高原鉄道の社長公募が締め切られる | トップページ | 鉄道コレクション 小田急電鉄キハ5000 »

2011年6月16日 (木)

若桜鉄道隼駅に客車がやってくる

新日本海新聞の鉄道好きの記者が書いているブログ、日本海クラブうさみみ発 鉄道専門ブログ「うさみみ電鉄」によると、前からブルートレイン『はやぶさ』で使われていた客車を保存しようと活動をしていた、若桜鉄道隼駅に客車がやってくることが決まったそうです。

当初はJR九州から寝台車を購入する予定だったのが、事情が変わってJR四国から12系客車4両を購入する予定なのだとか。
そのなかには、ムーンライト高知・松山で使われていたカーペットカーが1両あるようで、こちらは隼駅に保存されるようです。
若桜町役場の12系客車誘致記念イベントのお知らせによると、若桜駅に12系客車が3両保存されるようです。

隼駅はスズキのバイク『ハヤブサ』のファンの間では聖地と言われているようで、バイクファンの間でも知られているらしい…。
あえてそういう場所にカーペットカーを保存することで、ライダーズハウスのような使い方をすることも考えられているのかもしれません。

これからどうなっていくのかが楽しみです。

« 由利高原鉄道の社長公募が締め切られる | トップページ | 鉄道コレクション 小田急電鉄キハ5000 »

コメント

ライダーハウスという使い方で間違いないようです。
「隼駅を守る会」のブログに書かれています。

http://blogs.yahoo.co.jp/hayabusaeki

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/51963032

この記事へのトラックバック一覧です: 若桜鉄道隼駅に客車がやってくる:

« 由利高原鉄道の社長公募が締め切られる | トップページ | 鉄道コレクション 小田急電鉄キハ5000 »