2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« デジカメを修理に出す | トップページ | 北海道限定のACジャパンのCM »

2011年7月10日 (日)

ナノ一眼というカメラ

先日、デジカメコーナーで新製品をチェックしていたら、かなりすごい商品の告知を見かけた。

カメラメーカーの中でも、最近独創的な製品を出しているように見えるペンタックスの製品で、PENTAX Qという製品。
レンズが交換できるタイプのデジカメとしてはおそらく世界最小クラスで、大きさとしてはコンパクトデジカメとさほど変わらない大きさに驚いてしまう。
画像素子は1/2.3インチCMOSだそうで、これはコンパクトデジカメとさほど変わらない大きさというのが本体が小さくなったり、レンズを小型化できているところにあるのだろう。

値段は大体7万円弱とのことだったから、デジタル一眼レフの入門機から比べたらちょっと高めだけど、このコンパクトさはちょっとマークしておいてもいいかも…。
ただ、最初に出るレンズが5種類ぐらいしかなくて、望遠も3倍ズームぐらいまでしか用意されていないので、ラインナップが広がるのを待ったほうがいいのかも?

« デジカメを修理に出す | トップページ | 北海道限定のACジャパンのCM »

コメント

まあ、もともとPENTAXというメーカーはフィルムカメラの時代から個性の強いメーカーでしたからねぇ…
今回の新製品も、ある意味では「オート110シリーズ」(世界唯一の110フィルム用レンズ交換式一眼レフカメラ)の再来といえるかもしれません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナノ一眼というカメラ:

« デジカメを修理に出す | トップページ | 北海道限定のACジャパンのCM »