2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« バスラマインターナショナル 126号 | トップページ | ナノ一眼というカメラ »

2011年7月 9日 (土)

デジカメを修理に出す

先日、デジカメを使おうとしたときに、モニタに黒い点が映し出されているのに気付いた。
最初のうちはレンズが汚れているのかと思ったのだけど、レンズに息を吹きかけても黒い点が動かないし、カメラを振っても動かない。
ということはCCD自体にホコリがついているか、CCDが一部壊れているかのどちらかしかないので、メーカーの修理拠点に持って行った。
既に何年も使っている製品だから保証書も切れているし…。

私自身、キヤノン製のデジカメを使っているので即時修理窓口へ持っていくと対応してくれて、その日のうちに対応してくれた。

どうやら、状況を確認したうえで部品一式交換という形で対応していることで即日対応になっているようだけど、出かける予定がある身としてはこういう対応があるのはありがたい限り。

こういう対応があることぐらいは知っておいて損はないかも。

« バスラマインターナショナル 126号 | トップページ | ナノ一眼というカメラ »

コメント

私のデジカメにも似たような症状がありますので、修理に出したいと思っています。

修理窓口の情報、ありがとうございます。

助かります。

即時修理窓口だと早くていいですね。
地方だと窓口がないので、メーカーに送らなくてはいけないのでどうしても数日~数週間かかってしまいます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/52157971

この記事へのトラックバック一覧です: デジカメを修理に出す:

« バスラマインターナショナル 126号 | トップページ | ナノ一眼というカメラ »