2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年9月2日 | トップページ | 2011年9月4日 »

2011年9月 3日 (土)

工場萌えO(オー)

最近の工場を愛でるブームの火付け役ともなった『工場萌え』。
その工場萌えの同人誌が出ました。
同人誌と言っても、工場萌えの火付け役でもある大山顕氏の著作なのだけど。

その名も『工場萌えO(オー)』という本で、夏のコミケに出されたものなのだけど、限られた部数ではあるのだけれど新宿のジュンク堂書店に委託販売されています。
管理用の紙には『ISBN:なし』と書かれていたのがちょっと印象的だったり。

何よりも表紙のインパクトが凄い。
怪しげな筒状のものをしたから見上げたもので、あちこちに穴が開いている。
モノを見ただけで、溶鉱炉とわかった自分はかなりのヲタかもしれないけれど、この表紙が印象に残ってきます。

中にもあちこちいろいろな工場が出ていて、愛知の製油所とか、富士駅前の製紙工場(王子製紙かな?)とか、昼夜問わずかなり濃い場所がいくつも出ています。

これだけ魅力的な写真集が同人誌で終わっちゃうのがちょっともったいないような気がしてなりません。
一度同人で出てしまうと一般書籍はちょっときついのかもしれないけれど…。

« 2011年9月2日 | トップページ | 2011年9月4日 »