2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 工場萌えO(オー) | トップページ | やっぱり今年も… »

2011年9月 4日 (日)

四半期に一度の悩み…

GIGAZINEに2011年秋放送開始の新作アニメの紹介記事が載っていた。
今季でさえ深夜アニメを16本も見ているガチでヲタな自分からすると、どれを見るべきかちょっとばかり悩むところだったりする。

今季も前評判ではさほど見るものはないとは言われつつも、放送が始まってみると、さりげなく松戸駅が出てきた『ロウきゅーぶ』とか、さりげなく上総牛久駅とかが出てきた『ゆるゆり』(ストーリーにはどう見ても『ガチゆり』だろと言いたくなるシーンもあったけど)、主人公の湯音ちゃんが可愛くて可愛くてたまらない『異国迷路のクロワーゼ』とか、2クールでずっと視聴継続中の『花咲くいろは』とか、謎のペンギンがストーリーを握っているように見える『輪るピングドラム』とかいろいろと面白い作品がありました。

今回は前評判で見ようと決めているのは『たまゆら』くらいしかないけれど、まだまだ良作が出てくると思えたり…。
自分に合わない作品は3話くらいまで見てみるのをやめてしまうかもしれないけれど。

« 工場萌えO(オー) | トップページ | やっぱり今年も… »

コメント

水戸の小川野です。

 いやぁ、見れるアニメが選べる場所なら良いのですけれど、独立U局の無い茨城県央・県北は突然選択肢が減るんですよね。

 おかげで、せっかく作品がアニメ化されたのに故郷に錦が飾れなかった漫画家さんとかも実際にいらっしゃいますし(苦笑)。

 普段めったにアニメは見ない(というか深夜アニメの時間帯は平日なら眠っている)のですが、武田日向さんの『異国迷路のクロワーゼ』は、アニメ化されるというので、かなり気にはなっていました。
 なにせ、古本屋で買って読んでから、あらためて本屋に正価で同じ本を買いに行ったくらいに、私としては最大級の評価をしていた漫画家さんとその作品でしたので。

 基本的に私の漫画本の購入は単行本オンリーです。

 まぁ行きかがり上、毎月第一金曜日発売の某誌の増刊の『嵐』は別腹ですが(笑)。

 その購入先も古本屋主体なので、私の場合、情報が世間様から1~2年遅れています。
 その期間を経た上でも読むに値する本を抽出していると言った方が良いかも知れません。
 要はラッシュカーレントを避けているというところでしょうか。

 でも『異国迷路のクロワーゼ』は、第2巻は発行日当日即買いでした。それくらい、本当に久々に続きがすぐにでも読みたいと思う漫画だった。

 著者の武田日向さんの作品は、その前に『やえかのカルテ』を読んでいて、この頃の絵柄もすごく緻密でストーリーも含め大好きなんですが、『やえかのカルテ』の時の絵とストーリー展開と、『異国迷路のクロワーゼ』のそれがリンクできなくて、初めは全く別の人の(というか作者の名前を比較しようとさえ思わなかった)作品だと思ってました。

 そこで短編集の『狐とアトリ』に出会います。これも古本屋で見つけて買って読んで、それから新品を買いに本屋直行でした(苦笑)。
 今の絵柄に通じるスタイルの『狐とアトリ』と、『やえかノカルテ』の番外編。
 そして、きっと、その間を繋ぎ、作家の方の緻密な、しかし一方で、もう一段を踏み出そうとする意気込みを感じる『ドールズ・ガールズ』。
 
 この『狐とアトリ』が『異国迷路のクロワーゼ』のキャラクターの土台となった事は間違いないでしょう。

 というわけで、見れる範囲の動画は見てみました。
 うん『湯音』たん可愛い。可愛すぎる。
 でも、やっぱりアニメーションではこの原作漫画の持つ緻密さは超えられないんだなぁ。。。確かに期待してはいなかったけれど、やっぱり残念です。

 30年ぶりくらいに『とんがり帽子のメモル』のマリエル・ルグラン並に『萌え尽きる』キャラに会えるかとも思っていたのだけれど。
 ええと、その前は『ムーの白鯨』のマドーラ萌えとか言ってた様な記憶もあるが。(当然萌えなんて言葉は存在しない)

 そうは、言っても、この『異国迷路のクロワーゼ』作画陣、本当に良い仕事してます。
 全編ちゃんと見たいよなぁ。

 つーわけで、何時まで経ってもフレッツ光の対象地域にならない、水戸の僻地から、最後に断末魔を。

   『 も っ と 光 を ! 』

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/52648130

この記事へのトラックバック一覧です: 四半期に一度の悩み…:

« 工場萌えO(オー) | トップページ | やっぱり今年も… »