2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年10月20日 | トップページ | 2011年10月22日 »

2011年10月21日 (金)

日本鉄道保存協会総会2011 2日目

今年の総会の2日目は、JR東海の名古屋車両区での撮影会と、名古屋車両区の構内に架かる向野橋の見学と、オプショナルツアーとして、貨物鉄道博物館の視察もしくは、明治村の視察という日程。
私は、オプショナルツアーのほうは明治村の視察を選択して行ってきました。

Rp1111
名古屋車両区構内に、キハ25とキハ75を並べての撮影会。
キハ25はいずれJR東海の標準的な気動車となるように考えられていて、できる限り313系電車と部品などを共用できるように設計されているのが特徴。

いずれはホームの低い区間に入れるように、簡単な改造でドアにステップがつくようになっていたりして、なかなか興味深かった。

Rp1112
キハ75の400・500番台。
主に快速『みえ』や武豊線を中心に使われている車両。

全て軌道敷地内の撮影になっていますが、許可を得て構内に入り、社員立会いの下で撮影したものです。

Rp1113
構内を跨ぐ向野橋を撮影したもの。
これは近鉄線が走っている側から撮ったもの。

Rp1114
橋の上からは車両基地の様子が良く見えます。
模型のウェザリングの参考資料が良く揃いそうな場所ですねぇ。

Rp1115
今度はさっきと反対側から。
途中の柱に鉄板で補強が入っているのは、転用前の鉄橋に機関車が衝突したところを補修した跡なのだとか。

このあと明治村に行ってきました。

Rp1116
車庫の中に止まっている12号。
現在運行休止中になっていて、なかなか見ることはできないのですが…。

Rp1117
客車。
普段だと絶対に撮れない場所から撮らせていただきました。
中間の客車は非常に貴重な松葉スポークの車輪を使っていました。

京都市電のほうも見学してきました。
Rp1118
こちらも撮りやすい場所に止まっていました。

どちらもいずれ復活すると信じたいところです。

日本鉄道保存協会の総会はこれで終わり。

また来年も総会に行ければいいなと思っていたり。

« 2011年10月20日 | トップページ | 2011年10月22日 »