2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年11月13日 | トップページ | 2011年11月15日 »

2011年11月14日 (月)

放課後ティータイムトレインを撮りに行く

1泊2日で京都・滋賀へ行ってきた。
目的は、映画『けいおん!』の公開を記念した京阪の『放課後ティータイムトレイン』の撮影と、諸々の作品の聖地巡礼。
まずは放課後ティータイムトレインの撮影から。

京都の三条京阪から、京津線の直通電車に乗って浜大津へ。
浜大津からは、ちょっと様子を見て放課後ティータイムトレインを撮ろうかと考えていた。
仮に検査で運休となっていた場合のことを考えて、とりあえず近江神宮前まで行ってみることにしたのだが…。

浜大津に着くと、反対方向から来た近江神宮前行にいきなり『放課後ティータイムトレイン』がやってきました。
とりあえずは終点の近江神宮前まで行ってみる。
その折り返しの時間を活用してまずは外観を撮影。
Htt01

前から。
Htt02
踏切から撮ったものです。

この反対側の側面を押さえるためにはどこか途中の駅で降りなければと思いつつ、運転席の後ろから軽くロケハン。
パッと見た感じで粟津駅がいい感じに取れそうだったので、あえて『放課後ティータイムトレイン』を粟津駅で降りる。
Htt03

発車した列車を後追いで。
Htt04

とりあえず4方向から撮れたので良しとしよう。

車内もなかなかすごくて、ここまで派手にやったのは珍しいのではないかと思えるくらい。
熱心なファンが作った痛車をそのまま鉄道車両にしたような印象を受けます。
Htt05

Htt07

Htt06

Htt08

Htt09

ドアの内側はこうなっています。
ちなみにこのドアの外側には同じキャラクターのラッピングがされています。

なぜに『けいおん!』の作中にも出てこない京阪大津線でこのような広告が行われているのかがちょっと謎だったりするけれど、京都市内でやろうとすると条例とかでここまで派手なものができないからというのも理由にあるのかも…。

他にも数々ラッピングの編成があってうまく撮れたものを。
Htt10
機関車トーマス。

Htt11
Mother Lakeとは書いてあったけれど…。

このほかにも『まんが日本昔ばなし』とか、『ガンダムAGE』とかも走っていました。
ひょっとするとラッピング広告の入ってないものがないのかとも思えるくらいでした。

他にもいろいろ行ったけれど、それは別の機会に。

« 2011年11月13日 | トップページ | 2011年11月15日 »