2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年11月15日 | トップページ | 2011年11月17日 »

2011年11月16日 (水)

ジオどす

京都独特の地名の表し方に、通り名というものがある。
京都市の中心部は東西南北に道路が通り、その交差点を元に上ル・下ル・東入ル・西入ルという形で地名を表し、これが実際の地名よりも有用に使われているところもかなりあると聞く。

実際の住所よりも、通り名を宛名に書いたほうが郵便物や荷物が早く着くらしい。

ただ、通り名がインターネット上の地図サイトのデータに反映されていないことがあり、それを補うなかなか面白いサイトがあるので紹介してみようと思う。

それが『ジオどす』というサイト。
いくつかのサンプルデータが元々セットされているけれど、それだと『ジオどす』のほうが正確な場所を示しているようです。
GoogleMapだと、場所が判別できなくなってしまったために区役所の場所を示して終わりになるケースも何度かあるようです。

ジオどす内の説明を見ると、あくまで交差点と建物の位置関係を示すだけで、結構曖昧なものであるらしいのだけど…。
あえてゲンを担いで、下ルという表記を避けるために、ちょっと離れた南側の道を通り名として使って、上ルにしてしまうケースなんて言うのもあるのだとか。

京都の場合、通り名をそれなりに覚えてしまえば移動は楽になるし、細かい道はどうであれ、路線バスが通る大通りの順番を覚えていると、意外と楽に移動できたりする部分もあったりと、知れば便利なものなのだろうけど…。

« 2011年11月15日 | トップページ | 2011年11月17日 »