2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 高松空港の手荷物受取所に… | トップページ | 長崎~上海航路 14年ぶりに復活 »

2011年11月 3日 (木)

愛知北エフエム放送(まちの放送室)

先日、犬山に行った際に町の中心地にコミュニティFM局があり、ちょっとばかりマニアックな視点で見てきた。

この放送局、愛知北エフエム放送といい、愛知県犬山市周辺をサービスエリアとしているコミュニティFM放送局。
私が訪れた日はお祭りの最中で、都度発生するスケジュール変更をラジオ番組を通じて周知をしていました。
これであれば、防災無線よりも聞き取りやすい音声で知らせることができるように思えたりもします。
お祭り会場周辺での聴取率は半端じゃなくたかったのではないかなとも思えたり。

Fm84201
放送局の外観。
古い街並みの中にあり、建物を有効に活用しつつ放送局として使っているようです。
こちらが本社兼演奏所となっているようです。

Fm84202
スタジオの奥に掲げられていた無線局免許状。
この免許状の情報によれば、福祉会館の屋上に送信所があることが分かったので、福祉会館を探してみたら、すぐそばに福祉会館があったので、その外観を撮ってみる。

Fm84203
福祉会館の外観。
アンテナがいくつか建っているけれど、一番高いところにあるアンテナが送信用のアンテナなんだろうなぁ…。
サービスエリアの関係で送信する電波に指向性を付けているようにも思えます。

Fm84204
スタジオの中にいろいろ貼られていた貼り紙の中でもちょっと目を引いたのがこれ。
選挙に関してはかなり神経質になっているようです。

確かに内容によっては、市会議員選挙の当落ラインぎりぎりを走ってる人を当選させるか落選させるかぐらいのことは、放送で起こってしまいそうな気がしてなりません。

地域の放送局として、地元に愛されて活躍されることを祈念しております。

« 高松空港の手荷物受取所に… | トップページ | 長崎~上海航路 14年ぶりに復活 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/53156082

この記事へのトラックバック一覧です: 愛知北エフエム放送(まちの放送室):

« 高松空港の手荷物受取所に… | トップページ | 長崎~上海航路 14年ぶりに復活 »