2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 秋田内陸縦貫鉄道 新社長が決まる | トップページ | 震災被災区間 バス専用道路に? »

2011年11月19日 (土)

プリンセスラインバスの小変化

京都へ出掛けるたびになぜかチェックしてしまう、プリンセスラインバス(京都急行バス)
実質的には京都女子大学系列の学校のスクールバスではないかとも思えるのだけど、妙にバス好きのツボにはまるような気がして…。

あのカラーリングが景観条例とかに引っかからないのかとかいろいろ気になるところはあるけれど。
今回は乗る時間はなかったので撮影だけ。
Plb
京都駅八条口に停車中の082号車。
側面に『このバスは公共の路線バスです。どなたでも御利用して頂けます。 おとな…220円 こども…110円』という文字が追加されています。
ざっと見た感じでは、日野ブルーリボンIIの081~084号車にしか表記がなかったような気がします。
さらに前には気づかなかったけれど、博物館前というバス停ができていました。
場所は東山七条上ル、京都女子大学前から四条河原町方面に行くバスしか停まれない場所。
果たしてここで需要があるのか微妙なところ。
公式サイトにはバス停を3ヶ所新設したなんて書いてはあるけれど、果たしてどこなのかはちょっと不明なところ。
前から京都駅方面行の三十三間堂前なんてバス停はあったかな?とも思えたりもするし…。
そうなるともう1ヶ所が謎になってしまいます。
過去の調査で、京都女子大学の入学式・卒業式の日には堀川七条という臨時停留所ができることは知っているのだけど…。
京都女子大学自体が西本願寺が母体となった大学であるだけに、入学式・卒業式の際にお参りに行く風習でもあるのかもしれないけれど。

次に行くときは再調査かな…。

今回アップした画像のプリンセスラインバスの後ろに写っている車両については、後日別ネタにしようかと思う。

« 秋田内陸縦貫鉄道 新社長が決まる | トップページ | 震災被災区間 バス専用道路に? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プリンセスラインバスの小変化:

« 秋田内陸縦貫鉄道 新社長が決まる | トップページ | 震災被災区間 バス専用道路に? »