2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 文化庁メディア芸術祭の受賞作品のこと | トップページ | 3ヶ月に1度のお約束の悩み事 »

2011年12月17日 (土)

My sweet ウマドンナ

ネット上で話題になっている『My sweet ウマドンナ』

ここの所、Web上でいろいろとぶっ飛んだことをやっている日本中央競馬会がアニメ制作会社『プロダクションI.G』と組んで作ったもの。

これがいろいろ凄くて、驚かされます。
ゲーム自体は、主人公の牡馬目線で有馬記念を目指すもの。
きちんと音声もあてられていて、豊崎愛生さん、佐藤利奈さん、遠藤綾さんと、深夜アニメでヒロインを演じた経験のあるここ最近では人気のある声優さんばかり。

シナリオは、深夜アニメにもなったライトノベル『ロウきゅーぶ!』の原作者蒼山サグ先生。
先生のツイートを見ている限りでは、元々競馬が好きな人のようではあるけれど…。

過去にPSP版の『ロウきゅーぶ!』では、ロリゲージが最大になるとゲームオーバーになるとというトンデモ設定があって、ネット上で話題になったけれど、今回はそんな設定があるのかどうか気になるところ。

ゲーム自体は、有馬記念への出走を目指すとなっていたから、有馬記念のファン投票で選ばれないとかいうのもありそうだけど果たしてどうなのか。
何らかのタイミングで、出走中に骨折してすべてが終わる壮絶なバッドエンドとかが仕掛けられていそうな気がしてならないのだけど…。

明日から第3ステージが公開されるけれど、果たしてどういう展開になっているのやら。

« 文化庁メディア芸術祭の受賞作品のこと | トップページ | 3ヶ月に1度のお約束の悩み事 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/53506801

この記事へのトラックバック一覧です: My sweet ウマドンナ:

« 文化庁メディア芸術祭の受賞作品のこと | トップページ | 3ヶ月に1度のお約束の悩み事 »