2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年2月14日 | トップページ | 2012年2月16日 »

2012年2月15日 (水)

撮り鉄 新幹線を止める…

さまざまな新聞で報道されているけれど、名古屋市内で新幹線を撮影していた男性が新幹線を止めてしまいました。

状況が具体的に書かれているので、情報源は時事通信の記事としたい。
念のため引用。
<引用ここから>
15日午前8時40分ごろ、名古屋市中村区新富町の東海道新幹線下り線の線路脇に、カメラを持った男性(41)がいるのを巡回中のJR東海職員が発見、連 絡を受けた同社が新幹線の運行を一時見合わせた。これにより上下線13本が最大で25分遅れ、乗客約1万人に影響が出た。
 愛知県警中村署が男性を任意同行して事情を聴いたところ、「列車が好きで、写真を撮影したかった」と説明。実際に一眼レフカメラと脚立を所持しており、「撮り鉄」と呼ばれる鉄道写真マニアとみられる。
 同署によると、男性は脚立を使って線路脇の盛り土に上り、カメラを持った腕を伸ばして高さ約2メートルのフェンス越しに撮影していたという。
 同署は新幹線特例法違反の疑いもあるとみていたが、線路内への侵入はなかったと判断し、立件は見送った。
<引用ここまで>

住所をgoogleで調べてみると、名古屋駅を出て名鉄栄生駅の横を過ぎ、庄内川の鉄橋の手前の場所らしい。
このあたりを航空写真やストリートビューを駆使して調べてみると、ちょうどこのあたりだけ脚立にまたがって、フェンスをかわして撮影できそうな場所が実際にあるみたい。
ストリートビューには門扉のようなものも写っていたから、保守作業用の出入り口があるような場所みたいだ。
ちょうどこのあたりをGPSロガーを持って新幹線に乗ったことがあるので、このあたりの走行速度というのも押さえていたりする。
私がGPSロガーを持ってこの区間をN700系で通りかかった時は、このあたりでももう時速140キロから150キロの間で加速中という感じ。
700系や300系だともうちょっと遅いかもしれないけれど、恐らく時速120キロぐらいは出ているだろう。
こんなところで、腕を伸ばしファインダーを覗かずに新幹線を撮影して、果たしていい写真が撮れているのかどうか気になるところではあるけれど。
恐らくはバリ撮りと言われる連写で『下手な鉄砲数うちゃ当たる』を地で行くような撮影をしていたんだと思うけれど、果たしてどうなのかなぁ…。

周りの様子とかをストリートビューでチェックしていても、なんでこんな場所で撮るのかな?と思える部分もあったりするわけで…。

写真を撮るときは安全な場所で、引退が決まる前に日ごろから撮影しているのが実は一番いいのかなとも思えたりする部分があったりするのは言うまでもないところ。

« 2012年2月14日 | トップページ | 2012年2月16日 »