2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年2月17日 | トップページ | 2012年2月19日 »

2012年2月18日 (土)

安房鴨川まで出かけてきた

今日は、『パワフル×スマイルちばフリーパス』を利用して出かけてきた。
千葉県内のJRや私鉄が1800円で乗り放題というものすごくお得な切符なので、行く先としては最寄駅から一番遠い安房鴨川としてみた。

安房鴨川と言えば『輪廻のラグランジェ』の舞台としてもアニメファンの間でも話題になっているところ。

Km_01
安房鴨川駅。

ここからちょっと海の方向に歩いてみる。
海のちょっと手前の市民会館の入り口に掲示されているポスターを見てちょっと驚く。
Km_02
千葉県警が作った振り込め詐欺対策の萌えポスター。

そこから右に目をやると…。
Km_03
ここに『輪廻のラグランジェ』のポスターが3枚も!
ここはアニメショップでも何でもなく、市民会館。
地元としては気合いが入っているんだろうけれど、ちょっと作中に鴨川市内が出てこないような気がするのは地元の人たちはどう思っているのかなぁ…。

Km_04
1話のオープニングシーンに出てくる海岸は多分この辺ではないかなぁ…。
いきなり制服を脱いで水着姿になるという意表を突く展開ではあったけれど。

Km_05
戦闘シーンでさりげなく出ていた街灯。

Km_06
鴨川女子高校のモデルになったと言われる文理開成高校。
似ているけれどちょっと違うかなという印象。

Km_07
鴨川市役所の裏手にある、『菜な畑ロード』に来てみました。

Km_08
現地事務所のプレハブ小屋。
ここにも『輪廻のラグランジェ』のポスターが貼られています。

Km_09
菜の花畑のど真ん中に、ラン・まどか・ムギナミの等身大の看板が置かれています。
こういう観光地で、あまり見かけないパターンにちょっと驚いたり。

Km_10
ちょっと引いた感じで見ると、こうなったり…。

Km_11
畑から海の方向を見てみる。
真ん中奥に、鴨川女子高校のモデルになった建物が写っています。

撮影を終え、せっかくだから久留里線に乗ろうと、安房鴨川駅から千葉行きの高速バスに乗る。
Km_12
見た目は普通のエアロバスだけど、後部にトイレと乗務員仮眠室の付いた、夜行高速の予備として使われているちょっと変わった車がやってきました。
このバスで、亀山・藤林大橋まで移動する。
このバスを終点まで乗ればあっさり帰れるのだけど(笑)。

Km_13
上総亀山から乗った列車はこれでした。
キハ37とキハ30の2両編成。

あちこちにビニール袋を被せたATS地上子とか、出発反応標識などがあって、通票閉塞から単線特殊自動閉塞に切り替えの準備が着々と進んでいる感じ。

Km_14
久留里駅ですれ違った編成。

Km_15
久留里~横田間のタブレット(通票)とキャリア。

Km_16
横田駅ですれ違った編成。

久留里線内はタブレットの交換があるところで、撮影を楽しんでいる人達が結構いたけれど、全般的にはゆったりした雰囲気でした。
これが、通票閉塞がなくなる直前だとまたすごいことになるのかなぁと思えたりもする。

この後車両の代替も続くことから、もう一度久留里線の車両を撮影するためだけに遠征しようかと考えていたりしています。

« 2012年2月17日 | トップページ | 2012年2月19日 »