2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 東京空港交通の燃料電池バス 運行再開 | トップページ | ISO 204800… »

2012年2月 7日 (火)

福井鉄道に新型超低床電車が導入されるようです

中日新聞の報道によると、福井鉄道に新型超低床電車が導入されるようです。
念のため記事を引用します。
<引用ここから>
県は新年度予算案に、乗降時の段差をなくした新型の「超低床電車」(LRV)を福井鉄道(越前市)に導入する経費を盛り込む。新年度は1編成の設計・製作を注文し、来年3月末までに試験運転を始めたい考えだ。

 福鉄は現在、電車のドア付近だけが低床になっているLRV型の「部分超低床車」などを11編成(各1~2両)、昭和30~40年代製の旧型電車を4編成(各2車両)運行。LRVは旧型と入れ替え、2016年までに計4編成を導入する計画。

 LRV導入は福鉄の経営再建に向けた「鉄道事業再構築実施計画」に盛り込まれた。福鉄の車両購入費の3分の2を県、残りを国が補助する枠組み。県は当初予算に1編成分の県負担金2億~3億円程度を計上する。

 LRVは長さ30メートル、幅2・65メートルを予定。富山市内を走るLRVより「約1・5~2倍の長さ」(県幹部)で、1編成の定員は150~170人。福鉄は06年に部分超低床車両に合わせ、駅ホームの切り下げなどを実施済み。福鉄とえちぜん鉄道(福井市)の相互乗り入れには、えち鉄側の低床車両導入が不可欠で、県は「福鉄と同じLRVを将来、えち鉄にも配備したい」としている。
<引用ここまで>

ちょっと気になるのは、車両の長さと幅。
長さ30メートル、幅2.65メートルとなると、果たしてどんな車両かというのも気になるところ。
他の都市の車両だと幅が2.5メートルになっているだけに気になるところ。
ひょっとすると、サイドミラーの幅が他よりも大きく出ていて、幅2.65メートルになっているだけなのかもしれないけれど…。
そういえば、だいぶ前から福井鉄道とえちぜん鉄道の相互乗り入れもどの程度話が進んでいるのかもいまいちわからなかったり…。

田原町駅のところで福井鉄道とえちぜん鉄道の線路をつなげるということまでは決まっていたような気がするけれど、それ以降どうなってしまったのかなぁ…。

新車がどんな車両なのか、そして相互直通がどうなるのかについて情報を収集し続けて行こうと思う。

« 東京空港交通の燃料電池バス 運行再開 | トップページ | ISO 204800… »

コメント

はじめまして。Google検索からお邪魔しました。

福井鉄道の新型車両導入は再構築実施計画に入っていましたが、いよいよ実現されるとのことで、地元出身者&元・福鉄利用者としてもおおいに期待しています。現在運行されている大型車両(200形など)との置き換えで導入されることになり、福鉄名物の「大型車が街中を走る」光景が見られなくなるのは寂しいですが、その一方で新しい車両の走っている光景を見たいという思いもあります。

規格からして思ったよりも大型になりそうですが、福鉄福武線の性格上(平日朝夕は通勤・通学利用が多く、昼は買い物など比較的閑散)、大型車両と置き換えてもラッシュ時の乗りこぼしがないようにするための対策ではないかと思います。現状、特に平日朝の時間帯は乗客が集中するため、小型の880・770では客が乗り切ることができないこともあります。(早朝に何度か乗ったことがありますが、すし詰め状態であり、扉付近のわずかなスペースに立つのがやっと、という状態でした。)

相互乗り入れに関しては、福井市のウェブページ(http://www.city.fukui.lg.jp/d360/koutu-s/sougonoriire/sougonoriire1.html)にある資料では結節点の田原町駅とその周辺の整備計画まで示されていますが、沿線自治体の負担割合等々の問題や、前提となっている新幹線駅部へのえちぜん鉄道乗り入れの問題などの関係もあり、あまり進んではいないそうです。一応、福鉄・えち鉄両社の運賃一本化の検討には入ったそうですが…。相互乗り入れは県知事の公約にもなっているので、今の機会になんとか道筋をつけてもらいたいと思っています。

今は福井を離れているため以前より地元の情報に疎くなっていますが、たまの里帰りを利用しながら、個人的にも注目していきたいと思います。

長文失礼いたしました。
またこちらに立ち寄りたいと思います。

それでは。

参考になるかどうか分かりませんが、自動車の場合http://www.navi.go.jp/images/info/pdf/04/Shinsajimukitei_04_002.pdf
要は、車検証に記載される外寸はサイドミラーを取り外した状態で計測されたものです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/53928059

この記事へのトラックバック一覧です: 福井鉄道に新型超低床電車が導入されるようです:

» 福井鉄道に新型車両導入へ 県が予算計上 [T.Shimada’s Diary]
 福井鉄道の鉄道事業再構築実施計画に明記され、福井鉄道とえちぜん鉄道の相互乗り入れでも検討されてきた、新型の超低床車両(LRV)の導入が正式に決まるそうです。 [続きを読む]

« 東京空港交通の燃料電池バス 運行再開 | トップページ | ISO 204800… »