2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 『究極超人あ~る』の名物シーンを再現するイベント | トップページ | ひたちなか海浜鉄道へお出かけ »

2012年4月28日 (土)

『かんなぎ』 7巻

かれこれ3年半ぶりの『かんなぎ』の新作コミックが発売になったので買ってきた。
作者の武梨えり先生の急病による休載(くも膜下出血だったとか…)とか、舞台になった地域といわれ、また武梨えり先生の出身地の宮城県七ヶ浜町が東日本大震災で大きな被害を受けたりと、前の単行本が発売になってからいろいろとあった作品でもある。

目次の裏には、武梨えり先生と、『ゆるゆり』のなもり先生のコラボレーションピンナップが入れられていて、『ゆるゆり』のあかりちゃんが『アッカリーン』と書かれてお約束のように点線で描かれているとともに、その隣でナギ様が『ナッギーン』と点線で描かれ、存在感のないのが伝染してしまったような絵になっている。

ストーリーは今までのものに比べて、ちょっとシリアスな展開になっているような気もするけれど、まだパラパラとめくっただけなので、時間をかけてじっくりと読んでいきたいと思う。

« 『究極超人あ~る』の名物シーンを再現するイベント | トップページ | ひたちなか海浜鉄道へお出かけ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『かんなぎ』 7巻:

« 『究極超人あ~る』の名物シーンを再現するイベント | トップページ | ひたちなか海浜鉄道へお出かけ »