2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年6月7日 | トップページ | 2012年6月9日 »

2012年6月 8日 (金)

いざ、東京スカイツリーへ!

抽選に申し込んで当選した東京スカイツリーへ行ってきた。
St01
とうきょうスカイツリー駅寄りの入り口にはこのような大きな幟が下がっています。
完全に予約制ということもあり、入場チケットを受け取るのもスムーズに進んでいきます。

St02
発券カウンターには江戸切子と思しきものが飾られていてなかなかいい感じ。
この後エレベータへ。
エレベータの前で手荷物検査と金属探知機があったのにはちょっと驚いたけれど…。

地上との天望デッキを結ぶエレベータは4台あって、それぞれが四季それぞれの飾りがなされています。
この飾りは、ちょうど350メートルの天望デッキに着いたときに撮影したものです。

St03
春をイメージしたもの。

St04
夏をイメージしたもの。

St05
秋をイメージしたもの。

St06
冬をイメージしたもの。

私の場合、行きが夏で帰りが秋でした。

天望デッキに上がると、何やら行列ができていて、さらに上の天望回廊への行列だとわかり、すぐに並ぶ。
20分ほどしてさらに上に行くエレベータに乗る。
こちらのエレベータは奥の天井とドアがシースルーになっている。
St07

天望回廊に上がっても、外が霞んでいてあまり遠くまで眺望が効かなかった。
自分の目で見えた範囲というと、足立清掃工場・田端駅周辺・東京電力本店・辰巳の国際水泳場・市川駅前の高層マンションあたりまでだった。

霞んでいなければ、羽田空港に着陸する飛行機を真横から望遠で狙えると思っていたのだけど…。
St08
そして、スカイツリーの最高到達点ソラカラポイント。
このあたりは記念撮影をする人で人だかりができていました。

St09
天望回廊から足元を撮ってみる。
下に写っているのは天望デッキの屋上。

St10
そして、天望回廊から浅草方面。

天望回廊を見た後、天望デッキへ戻ってきて、下を走る鉄道を望遠レンズで狙ってみる。

St11
曳舟駅を出て浅草方面に向かう、『スペーシア』の雅編成。

St12
曳舟駅へ入ろうとする東急8500系。

St13
東武亀戸線との立体交差を通過する京浜急行1000系と千葉ニュータウン鉄道9100系。
望遠でもそこそこいい感じに鉄道撮影ができるのはそれなりの収穫だったかもしれません。
高さからするとヘリコプターをチャーターして、空中写真を撮っている高さとさほど変わらないわけだし、もうちょっと天気が良ければいろいろ楽しめそうな気がします。

天望デッキの一番下の階には、ガラス張りの床があって下が見えるようになっています。
St14
上から見るとスカイツリーの鉄骨が独特の形状をしているのが非常によく分かる。

上から見下ろした場所をしたから敢えて見てみる。
St15
窓の場所があんな場所とはちょっと驚きですねぇ…。

St16
さらに拡大。
いくら300ミリのレンズを使っても、上に人がいるのはわかりませんねぇ…。

全般的になかなか楽しい場所でしたが、晴れてはいたけれど霞んでいたので、今度は冬の午前中にでも行ってみたいなぁと思っていたりしています。

次に行くのはいつになるかわからないけれど…。

« 2012年6月7日 | トップページ | 2012年6月9日 »