2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年6月20日 | トップページ | 2012年6月22日 »

2012年6月21日 (木)

BPOに寄せられた視聴者の意見 5月分

BPOの視聴者の意見の最新版が出てきたので、またネタにしてみる(しつこいかも)。

全文はこちらから。
片山さつき議員が国会で取り上げたお笑い芸人の母親の生活保護問題なんてのの扱いがやっぱり大きい。

そんな中でツアーバス事故に関するこんな意見も。

<引用ここから>
関越道でのバス事故について。テレビ局は、「激安運賃の裏側で安全性が軽視されていたのではないか」と報道している。それはもちろん正しい。しかし、この事故が起こる以前には、どこのテレビ局も激安ツアーの報道をしていた。一般に、価格破壊の裏側には、何らかのしわ寄せがあるわけだから、激安等の報道をする際には、そうした点にも視聴者の注意を喚起すべきである。テレビ局による激安価格報道は、消費者を刺激する広告の役割をはたしている。その点について反省すべきではないか。
<引用ここまで>

そういえば、あの事故以降、あまり格安バスツアーの特集を報道番組で見かけないような気がするのは気のせいかなぁ…。
あまり踏み込み過ぎると、スポンサーからクレームが来るマスコミが出てくるんじゃないかとも思っていただけに…。

社会的なネタも取り上げつつ自分の興味のあるジャンルへと行ってみる。
ラジオと言う分野にあったもの。

<引用ここから>
昼間の放送なのに男性器の俗称を軽々しく口にして、下品極まりない。私もいわゆる下ネタは嫌いではないが、こんな下品な放送が続いているとは信じられない。女子アナや女性リポーターに夜の生活のことをしつこく聞くことも日常茶飯だ。聴取率が1位とのことで、あぐらをかいているのではないか。開始当初はこんなことはなかった。この下品さにはガッカリする。
<引用ここまで>

昼間の番組でこんなことを言うとなるとなんだろう…。
男性器の俗称と言うことは、CBCラジオの『つボイノリオの聞けば聞くほど』か???
関東の聴取率1位と言えば『大沢悠里のゆうゆうワイド』だけど、下ネタに走るのは『お色気大賞』の日だけだけど、それではなさそうだし…。

そういえば、つボイノリオさんの名作には、『金太の大冒険』なんてのがあるから、そのあたりとの兼ね合いを考えると、自分の読みはあっているかもしれない。

ここからは、半ばお約束となりつつあるアニメネタ。

<引用ここから>
人気の深夜アニメらしいが、強姦・絞殺と見るに堪えない。こういった"倫理以前"の描写を誰でも受信できる地上波で放送することは許されるべきではない。アニメは子どもも見るものだし、大人が全てチェックできるものではない。
<引用ここまで>

こんな強烈な展開の作品ってあったかなぁ…。
怪しいとすれば『未来日記』だけど、最終回まで見て苦情を入れたか?
5月に寄せられた意見だから、5月に放送されたという保証はないと思っていいわけだし。

<引用ここから>
深夜アニメの暴力的シーンを批判する意見があったが、私は子どもに悪影響を与えるとは思わない。アニメの中には戦争を題材にしたものも多く、その中には死体や暴力的なシーンがどうしても出てくる。しかし、そのような表現を避けてばかりでは、戦争の恐ろしさやむなしさは伝わってこない。戦争物のアニメにはそういったことを訴えかけるようなものが多く、ただ単に子どもに暴力を教えているわけではない。
<引用ここまで>

戦争を題材にしたアニメとなれば、『ヨルムンガンド』とか『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』あたりかなぁ…。

でも、批判的な意見を書いている人が書いている内容が具体的すぎるのはいったいなぜなんだろう。
それはだいぶ前からずっと言われていただけに…。

6月の意見に、大谷昭宏氏の大阪での通り魔事件に関する発言がどの程度取り上げられるのかちょっと気になるところだったり…。

« 2012年6月20日 | トップページ | 2012年6月22日 »