2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年6月27日 | トップページ | 2012年6月29日 »

2012年6月28日 (木)

京成バス・成田空港交通の東京駅~成田空港シャトルバス

京成バスのプレスリリースによると、7月3日から京成バスと成田空港交通の共同運行で、東京駅~成田空港間の高速バス『東京シャトル』の運行を開始するそうです。

京成バスが直々に東京駅~成田空港という、京成と資本関係のある東京空港交通の独壇場ともいえるような場所に路線バスを設定するというのがかなり意外で驚かされます。

さらに驚くのが運賃。
運行開始日から8月31日までの間は、デビュープライスと言う形で片道800円という、かなり安い運賃設定となっていて、これは成田空港から都内までの最安運賃となるわけで…。

それ以降も、成田空港発は一律2000円となってはいるけれど、東京駅発は1ヶ月前までの予約で片道1000円、前日までの予約で1500円、当日の場合は2000円という運賃設定になっているのが目新しいところ。
京成バスはこのために専用車も入れるようで、そのイラストもプレスリリースにはしっかりと用意されている。
これを見る限りだと、どうやら京成バス側の運行は貸切高速センターが担当する模様。

早朝のLCC対応とも思われるダイヤもあって、東雲車庫1:00~東京駅1:30~成田空港第2ターミナル5:00~成田空港第1ターミナル6:00なんて言うものも…。
第2ターミナルから第1ターミナルまで1時間かかっているのも非常に気になるところではあるけれど、恐らくはこの間に一度バスの待機場に入るのかなと思える部分が…。

そして、東京駅から成田空港までの所要時間を考えても、どこかで休憩している可能性も高そうだったり…。

これだけの挑戦的な価格が出てきたところで、東京空港交通がどのような対応をしてくるのかが気になるところだけど…。

まだこれだけならばいいけれど、ここに第3極が出てくる可能性もあるだけに、まだまだ東京~成田空港のアクセスバスについての情報収集はしていかなきゃダメかもしれない。
きちんと路線バス認可を取ってここに参入してくる第3極と言うと、ビィー・トランセグループぐらいしかないかなぁとは思っていたりするのは自分だけではないような気がする。

« 2012年6月27日 | トップページ | 2012年6月29日 »