2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« やっぱり事業認可取消か… | トップページ | 100円のドリル刃 復活? »

2012年6月23日 (土)

鞆架橋 中止へ

中国新聞などの報道によると、長らくいろいろともめていた、福山市鞆の浦の埋立て架橋問題について、広島県は埋立て架橋の方針を撤回し、山側にトンネル整備する方針を固めたとのこと。
まだ『崖の上のポニョ』で話題になる前の2008年3月に訪問した時には、地元で反対署名とかもしていたのは覚えているし、実際に反対署名もしたのだけど…。

どうやら、あの後殆ど動きがなく現状も狭い道路が残っているような感じだそうです。
私が訪問した時は、このまま埋め立てられて橋が架かってしまうのではないかという不安があったけれど、そのあとの日教組問題にかかわる失言の結果、国土交通大臣に高山選出の金子一義氏が選ばれたことで、国側の動きが一気に変わったような気がしてなりません。

高山と世界遺産の白川郷が同じ選挙区であるのは知っていたし、ここで賛成するなんて意見は多分言わないだろうと個人的には思っていたし。
ここで賛成したら、最悪の場合選挙で落ちそうだし…。

それが新しい動きになったのか、そのあと架橋問題は凍結状態になったようにも思えます。

自分が現地を見る限りでは、道幅の狭い道路はどうにかしなければならないのだろうけれど、それを解決するために橋を架ける必要はないようにも思えたりもしたけれど、集落の入り口に金属加工の工場がいくつもあったのが実は架橋問題を解くポイントだったのかもしれません。
自分が見る限りでは、橋にこだわる理由はここくらいしか見えなかったのだけど…。

県の方針がある程度決まったところで、まだまだいろいろありそうな気がしてならないのだけど、まだまだ注視していかなければならないところではあると思う。
知事が代替わりしたり、市長が代替わりするとまた違う動きが出てきそうな予感がしてなりません。
それまでにトンネル工事が着工されれば大丈夫だけど。

« やっぱり事業認可取消か… | トップページ | 100円のドリル刃 復活? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/55032029

この記事へのトラックバック一覧です: 鞆架橋 中止へ:

« やっぱり事業認可取消か… | トップページ | 100円のドリル刃 復活? »