2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年6月30日 | トップページ | 2012年7月2日 »

2012年7月 1日 (日)

香川県情報誌 新・さぬき野

香川県の情報誌『新・さぬき野』の最新号が出てきたのでもらってきた。

中には、うどん県副知事の要潤さんが真剣な顔でオリーブオイルを注いでいる絵が出ていたり…。
香川の名物とはわかっていつつも、朝の『ZIP』の『MOCO'Sキッチン』でオリーブオイルを多用しているのが頭にあるだけに、それのパロディに見えてしまうのは仕方がないところか。

その中でも気になったのが、来年また『瀬戸内国際芸術祭』が開かれるというもの。
前回は2010年に開かれていて、直島・男木島・女木島・大島・豊島・小豆島・犬島でそれぞれ美術作品を見せる展示がなされていたもの。
来年はさらに、瀬戸大橋より西側の本島・沙弥島・高見島・粟島・伊吹島なんて言う離島も舞台になるようで、こうなると瀬戸内海の離島を結ぶ小さな航路に興味のある身としては、一度は訪れてみたい雰囲気のするところ。

恐らく一度にすべての島を訪れるのは無理があるだろうから、何回かに分けて行ってみたいところではあるけれど…。

この中でも一番気になっているのは、屋島沖にある大島。
この島は全域が国立ハンセン病療養所大島青松園となっていて、厚生労働省の官用船でなければ渡れない島。

関係者以外はこの船に乗れないという話もあるけれど、調べると瀬戸内国際芸術祭の期間外に一般の人が乗ったなんて言うのも出てきたり…。
その人が島に渡った理由と言うのが、旅行貯金と言うのには驚いてしまうけれど、旅行貯金をする人たちの間では、簡易郵便局を珍重する傾向にあると聞いたことがあるし、そうなればわざわざ島に渡る理由もわかるような気がする。

ハンセン病には過去にはいろいろと差別があったのは個人的に知っていたので、興味本位で行っていい場所ではないとはわかっていつつも、国内でもここだけの国営の客船にはどうしても目が行ってしまうだけに…。

« 2012年6月30日 | トップページ | 2012年7月2日 »