2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 羊蹄丸の中の機関車と客車のこと(続編) | トップページ | 都電7500形のNゲージ »

2012年7月 8日 (日)

久しぶりに見かけた ヨンケーレ・モナコ

今日、ちょっと上野公園のあたりをぶらぶらとしていたら、珍しいバスを見かけた。
見かけたのはこれ。
Dc6fz

日産ディーゼルが、ベルギーの車体メーカーであるヨンケーレと組んで作ったダブルデッカー『ヨンケーレ・モナコ』がいました。

このタイプと言うのは、新車で入ったのはJRバス関東(2台)・横浜市交通局(3台)・西日本JRバス(台数不詳だけど結構多い)・有田交通(1台)だけのはず。
ちなみにこれは、横浜市交通局で活躍していたもので、現役自体は定期観光バスとか横浜駅からスカイウォークに行く路線バスとして使われていたもの。

JRバス関東のものは約10年前に全廃になって、兵庫のとうりゅう観光に移籍しましたが、会社自体がなくなってしまったので、多分現存してないだろうなぁ…。

今でも残っているのは西日本JRバスと、横浜市交通局と、横浜市交通局の中古を使ってる大江戸温泉物語、有田交通、そしてこの車だけみたい…。

団体名表示を見たら、熱海の伊東園グループのホテルの送迎バスになっているようなので、これに乗るために伊東園グループのホテルに泊まるなんてのも面白いかもしれないけど…。

« 羊蹄丸の中の機関車と客車のこと(続編) | トップページ | 都電7500形のNゲージ »

コメント

前面のBay Side Line の文字の感じからもしかしたら元横浜市営の車両の可能性があります

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに見かけた ヨンケーレ・モナコ:

« 羊蹄丸の中の機関車と客車のこと(続編) | トップページ | 都電7500形のNゲージ »