2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« FlyTeamにページを開設しました | トップページ | 広帯域受信機のアンテナを変えてみる »

2012年8月 7日 (火)

月刊エアラインの…

飛行機雑誌の月刊エアラインをたまに買っている。
最新号で国内で飛び始めたLCCの特集があったので、一度試しにLCCを使ってみてこれからメインの移動手段として使っていくか検討している身からすれば、実際に搭乗してのレポートなんて言うのは興味深いものも多かったりするわけで…。

まだ日本の航空会社には納入されていないエアバスA380の記事なんて言うのもなかなかお面白く、2階席をどのように使っているのかが各社の違いが見えてなかなか面白い。

これだけ大きな飛行機を、日本の国内線仕様にしたら一体何席になるのかちょっと気になるところだったりするけれど、そういう仕様にしたところでメリットも何もないから、恐らく日本の航空会社が導入しても国際線の間合いで国内線に飛ぶ程度なんだろうなぁと思えたり。

自分が一番惹かれたのは、那覇空港から粟国島に向かう第一航空と言う会社の航空機の搭乗レポート。
離島航路では、ここと新潟~佐渡でしか就航していないBN-2Bアイランダーと言う機材を使っている路線。
乗務員1名と乗客9名しか乗れない小型機で、一部には『空飛ぶハイエース』なる言葉もあるとか…。
チェックインカウンターで荷物を持って重量を量られて、それが飛行機の離陸可能重量を越えると最悪の場合乗せてもらえないとかいう話もあるみたい。

沖縄の離島で何ができるかちょっと気にはなるけれど、1日3往復も飛んでいるようだし、沖縄に行くことがあれば、一度は行ってみたいところ。

« FlyTeamにページを開設しました | トップページ | 広帯域受信機のアンテナを変えてみる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月刊エアラインの…:

« FlyTeamにページを開設しました | トップページ | 広帯域受信機のアンテナを変えてみる »