2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 平和交通の空港シャトルバス プレスリリースの内容を分析してみる | トップページ | また起きてしまったツアーバス事故 »

2012年8月 1日 (水)

京急蒲田駅周辺の立体交差化について

京浜急行電鉄から京急蒲田駅周辺の立体交差化についてのプレスリリースが出ていた。
立体交差化の進捗に伴い、10月21日から下り線も高架になるとのこと。
今年の箱根駅伝でも、『蒲田の踏切を通るのは今年が最後』と言っていたし、長らく工事していたイメージがあったけれど、ようやく高架化がされるのかと言う感じ。

主なダイヤ改正の内容としては、日中帯の都心方面~羽田空港の快特の運行本数が倍増となり40分に1本がエアポート快特となる模様。
恐らく、現状エアポート急行3本・エアポート快特3本となっているのが、それが全て快特(40分に1本はエアポート快特)となるのかなとも思えたり…。
エアポート急行を快特に変更するにあたって、品川~京急蒲田間の普通列車を時間あたり3本増発する方向だとか…。
新しい京急蒲田駅だと品川方面への折り返しはできなかったような気がするから、恐らく品川~京急川崎間の普通列車の増発と言う形になるような気がする。

さらに横浜方面~羽田空港のエアポート急行も本数が倍になって10分間隔での運行となるようです。
こちらについては各駅停車のダイヤがどうなるかはリリースが出ていなかったりするのがちょっと気になるところ。

そのあたりは次のプレスリリースを待ちたいところ。
今年は新路線の開業がないので、どうしても大規模切り替えばかり目が行ってしまうのは致し方がないところだけど…。

« 平和交通の空港シャトルバス プレスリリースの内容を分析してみる | トップページ | また起きてしまったツアーバス事故 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/55327952

この記事へのトラックバック一覧です: 京急蒲田駅周辺の立体交差化について:

« 平和交通の空港シャトルバス プレスリリースの内容を分析してみる | トップページ | また起きてしまったツアーバス事故 »