2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 北日本新聞の社説 | トップページ | 多分もう特定されちゃってるんだろうなぁ… »

2012年9月29日 (土)

下総航空基地の開設記念行事へ行ってきた

今日は海上自衛隊の下総航空基地の開設記念行事に行ってきた。

ウチの近所をよくP-3Cが飛んでいるし、興味深いイベントでもあったので…。
会場へは新鎌ヶ谷駅から無料バスが出ていて、バスに乗ると正門まで連れて行ってくれるのかと思ったら、基地の敷地の横の普段は使っていない門からバスは基地の敷地内へ。
まさか滑走路の横の保守用の道路をバスで走るとは思ってもいませんでした。
Sf18
バスは船橋のコスモスバスが担当していて、途中狭いところを通ることもあり、入っているのはどれも中型車ばかりでした。
見た感じでは6~7台入っていた感じ。

基地の中に入り、いろいろと見て回る。
Sf01
思わず見て目が点になったのが、この電源車。
2代目のいすゞエルフという超年代モノ。
これの次の3代目あたりだと、地方に行くと見かけたりするんだけど…。
特殊用途だし、構内用だから大した走行距離も行っていないだろうから、長持ちしているんだろうなぁ…。

Sf02
P-3C対潜哨戒機が展示飛行から戻ってくるところ。

Sf03
着陸したところを、いつもの飛行機を撮るようにタイヤスモーク狙いで。

Sf04
別の機材が着陸する直前をちょっと長めにヴェイパーを引いているところ。

Sf05
真上を飛んで行ったP-3Cを撮ってみる。
ソノブイ投下口が良く撮れています。

Sf06
訓練支援機U-36A。

Sf07
岩国から飛来した、US-2A飛行艇。
小笠原諸島に行って、手術が必要な状態になると乗れるらしい…。
父島で盲腸になるとか、腕の骨を一本折れば乗れるというシャレにならない話もあったりするのだけど。

Sf08
航空自衛隊C-1輸送機。
エンジンはボーイング737などでも使われているもの。
どうやらこれは入間基地所属のものらしい。

体験搭乗のP-3Cが出発するところをエンジンがスタートする順に撮ってみる。
シャッタースピードは意図的に落としてプロペラが回っている様子が分かるように撮ってみました。
Sf09
まずは第2エンジンスタート。

Sf10
第1エンジンスタート。

Sf11
第3エンジンスタート。

Sf12
そして第4エンジンスタート。

この後、ミニP-3Cの展示走行があるのでそれを見に行く。
ミニP-3Cは、原付バイクを改造したもので、対潜哨戒の様子をわかりやすく見せてくれるもの。
航空自衛隊には、似たようなものでブルーインパルスJrなるモノも存在するとか。
Sf13
まずは隊列を組んでの走行。

Sf14
そこへ国籍不明の潜水艦が出てくるという設定。

Sf15
訓練用の魚雷。

Sf16
魚雷が潜水艦に命中!

Sf17
敵を撃破!!!!

展示会場にはイージス艦もあったので、ひょっとするとイージス艦と連携して敵を撃破するというパターンも存在するのかもしれません。

海上自衛隊の開設記念行事には初めて行ったけれど、内陸の航空基地と言うことでいろいろな飛行機を見ることができ、なかなか面白い展示でした。
また機会があれば別の基地の展示にも行ってみたいし、今までイベントに行ったことがない航空自衛隊の基地にでも行ってみたいなと思っていたり…。

« 北日本新聞の社説 | トップページ | 多分もう特定されちゃってるんだろうなぁ… »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/55776280

この記事へのトラックバック一覧です: 下総航空基地の開設記念行事へ行ってきた:

« 北日本新聞の社説 | トップページ | 多分もう特定されちゃってるんだろうなぁ… »